「しやくしょ」それはあの世とこの世の境界線

【漫画】死役所のネタバレや感想を書いてます

「死役所13巻」第61条 幸子③ネタバレ 【特別な子】

今晩は~!ホラー大好き、でも怖いの苦手な零です(^.^)

 

今日も貴方を不思議な世界にお連れします(⁻ ⅴ ⁻) 

 

  このお話は第60条幸子②の続きです。 

  

 第61条 幸子③

 

  市村さんと幸子は結婚した。

 

その後娘が1人出来た。

ほとんど喋らない子供だった。

 

 

娘の美幸は5歳になっても乳離れが出来ず

もう出ないという幸子のおっぱいを欲しがるのであった。

 

 

市村さんはため息をつき

その事がすべての始まりだったのかもしれないと言うのであった。

 

 

 幸子と市村さんは、娘に他の物を食べさせようとするのだが‥

 

 

娘の美幸は突然、幸子がいつも使っている水で溶いた岩絵の具を美味しそうに食べ始めた!?

 

 

その後、生卵は食べるようになったのだが、相変わらずご飯は食べず

土や花などを食べて生活をしていた。

 

 

ある日、風邪をを引いた美幸を医者に連れて行った。

 

 

その時、そんな食事をしているのは病気で

 

「お母さんがおいしいものを作ってあげればそんなことにはならないんです」

 

 

そんな食事をつづけていると死んでしまうかもれないと言われショックを受ける幸子であった。

 

 

 

そんな時、近所の人から

 

人の心を解放してくれるという団体のチラシを貰った。

 

 

心が解放されたら美幸も普通の食事が出来るかもしれないと

幸子は市村さんを誘って一緒にいってみることにした。

 

 

その会の名前は

 

 

「加護の会」とう名前であった‥。

 

 

 なるほど~!!

「加護の会」と市村さんの接点はこの時だったんですね!

 

 

「加護の会」とはどういう団体なのかは7巻を呼むと良くわかります。

興味のある人はこちらでネタバレしていますのでクリックどうぞ。

mitehaikenai.hateblo.jp

mitehaikenai.hateblo.jp

mitehaikenai.hateblo.jp

  「死役所13巻」無料で立読みはこちら

 

今なら完全無料で立読み出来ます!「死役所13巻」第60条 幸子②ネタバレ 【嫁入り前の身体って訳でもないし】

今晩は~!ホラー大好き、でも怖いの苦手な零です(^.^)

 

今日も貴方を不思議な世界にお連れします(⁻ ⅴ ⁻) 

 

 

※現在コミックバンチwebにて無料で読む事が出来ます!

内容を知りたい方はこちらをクリック!
 ⇓ ⇓  ⇓
第60話 幸子② 無料で立読み

 

しかし、いつ配信が終了するか分かりません(>_<)

その時は、このネタバレを呼んで下さい!

 

 

 このお話は59条の続きです。 

  

 第60条 幸子② 

 

幸子は市村さんに自分はピーナッツと言う店で働いていて

ナポリタンが絶品だから今度食べに来てと言った。

 

 

後日、その店にやって来た市村さん。

そこはスナックだった。

 

幸子の姿は見当たらない?

 

 

お店のママが言うにはいつも遅刻するのだとか‥

 

 

お酒が苦手な市村さんは、お茶を頼み幸子がやって来るのを待つのであった。

 

 

遅刻して店にやって来た幸子は悪びれる様子も無くこう言うのであった。

 

「仕方ないわよ。

絵を前にすると時間の感覚がなくなるんだもの」と。

 

 

そして市村んを見つけるとナポリタンを注文するのであった。

 

 

そこに流しの2人が店にやって来て客のリクエストに応え歌い始めた

 

『君に恋する日』

 

♪ 恋に落ちるきっかけなんてなかった

恋が始まる兆しはあった

歩くように

時を重ねて

うすくうすく色づくその道は

気が付けば鮮やかな紅色に染まっていたね ♪

 

 

その歌を聴きながら市村さんは急に立ち上がり

フラフラと歩き始めた。

 

 

「どうしたの?」

と尋ねる幸子を市村さんは

抱きよせた!?

 

 

「きもじわるいです‥」

 

 

ママはお茶ではなく、お酒を出していたのだった!

 

 

市村さんはそのまま幸子の家へと担ぎ込まれた。

 

次の朝、市村さんは大叔母さんに

 

「2人暮らしの女性の家に泊まるなど失礼にもほどがあります。

申し訳ございませんでした」と土下座をして謝った。

 

結婚前の若い女性にあらぬ噂でも立てられたらと心配する市村さんに大叔母さんは

 

「何言いよるんかいあんた」

と答えるのであった。

 

 

??

 

 

‥幸子はバツイチだった。

 

 

 一家の恥さらしと実家から見放された幸子は

大叔母さんの家へ転がり込んできたのだという。

 

 

「みっともないやろ、いい恥さらしやわ」

と、大叔母さんは市村さんに言うのだった。

 

 

そんな風に思われているとは知らない幸子は

 

「私の家族は、はっちゃん(大叔母)1人だけよ」

そう言うのであった。

 

 

 それから市村さんは幸子の絵のモデルを頼まれ度々家を訪れるようになった。

 

大叔母さんは表面上では幸子に何も言わないが、心の中で

 

「男なんか連れ込んで、恥さらしにも程があるわ

 

ああ情けない

 

みっともない‥」

 

と思っていたのだった。

 

そんな中!?

 

 

大叔母さんが亡くなった!

 

 

一人ぼっちになった幸子は市村さんにぽつりとつぶやくのであった‥。

 

 

 「死役所13巻」無料で立読みはこちら

 

今なら完全無料で立読み出来ます!「死役所13巻」第59条 幸子①【私は冤罪で死刑になったんですよ】

今晩は~!ホラー大好き、でも怖いの苦手な零です(^.^)

 

今日も貴方を不思議な世界にお連れします(⁻ ⅴ ⁻) 

 

13巻発売しましたね! 

 

このお話は、生前のシ村さんが奥さんとなる幸子さんとの出会いのお話です。

 

※現在コミックバンチwebにて無料で読む事が出来ます!

内容を知りたい方はこちらをクリック!
 ⇓ ⇓  ⇓
第59条 幸子① 無料で立読み

 

しかし、いつ配信が終了するか分かりません(>_<)

その時は、このネタバレを呼んで下さい!

  

 第59条 幸子①

 

同じ冤罪で無実を晴らすことが出来ず病気で亡くなったお客様、金子さんに 聞かれシ村さんは重い口を開く

 

「私は冤罪で死刑になったんですよ‥殺人で」

 

 

 

今まで人に話したことがほとんどないので、どう話せは良いのか分からず困惑するシ村さんに金子さんは

 

「嫁さんはおったんか?どんな人だった?」と聞いた。

 

 

「そうですね‥

面白い人 でしたねぇ‥」

と、シ村さんは生前の事を語り始めるのであった‥。

 

 

奥さんになる幸子さんとの出会いのきっかけは「市役所」へとやって来たお婆さん。

 

 

シ村さんはその市役所で働いていた。

 

 

仕事が終わり帰ろうと市役所から出た市村さんが

足をケガして道端で座り込んでいるお婆さんを見つけ声をかけた。

 

 

そして家までおんぶし、お婆さんの家に上がり手当てをする事になった。

 

 

すると二階から物音がしたので市村さんが誰かいるのかとお婆さんに聞く。

 

 

するとお婆さんは

 

さあ、猫か泥棒やない?

 

と答えるのであった。

 

 

それを聞いたシ村さんはホウキを持ち、恐る恐る二階へと上った‥

 

するとそこには

 

絵を描いている若い女性がいた‥!?

 

 

お婆さんとその女性はその家で2人で済んでいるのであった。

お婆さんは幸子というその女性の大叔母なのだと言う。

 

 

市村さんはその日、夕飯を食べていきなさいと大叔母さんに言われたが

足を怪我し、台所に立てない大叔母の代わりにご飯を作るはめになった。

 

 

幸子というその女性は、絵ばかり描いていて

料理は全然作らないからわからないと言う。

 

 

 

その後、幸子は市村さんの働いている市役所へと

先日のお礼にと野菜を持ってやって来るのであった。

 

 

意気投合し仲良くなる2人だった。

 

 

その頃叔母の家に回覧板を持って近所の人がやって来た。

 

玄関に飾ってある絵を見て近所の人が

 

「これ、綺麗な絵やねぇ。親戚の子が描いたん?」と聞くと大叔母さんは

 

 

さあ‥よう知らんわ

 

誰のことかしら

 

知らんなあ

 

あんな恥さらし

 

知らんなあ‥

 

と、笑みを浮かべ

幸子の存在を否定するのであった!?

 

このお話は60条へ続きます  

 

 「死役所13巻」無料で立読みはこちら

「死役所」第69条 月刊コミックバンチ10月号発売しましたね!

今晩は~。ホラー大好き、でも怖いの苦手な零です(^.^)

 

ご無沙汰しておりました。

暑さに負けて書くのをサボっていた最中に

 

ナ・ナ・ナント!! 

 

月刊コミックバンチ10月号の表紙に~

 

 「死役所テレビドラマ化決定!!」

 

 

って書いてあるじゃないですか~!

 

 

どれどれ、表紙に書いてある情報を読んでみると‥

 

シ村さん役はTOKIOの松岡昌宏さん⁉

 

放送開始は2019年10月・毎週水曜日

深夜0時12分~

テレビ東京ほか

 

 と、なっています!

 

 

ネット上では既に話題になっていようで

松岡さんがどんな風にシ村さんを演じるのか

原作ファンを納得させられることが出来るのか⁇

 

 

それ以上に僕は、毎回訪れるお客様(仏様)の描写どーすんだろう?って。

 

 

例えば、一巻の表紙のような顔半分になって脳ミソが出ている女の子とか

足や手が千切れたり、血がドバドバとか‥。

 

 

実際はキモいはずの場面は白黒だからこそ見れたり、

薄っぺらく立体感のない画で、淡々としている感じが良かったり。

(ディスってないですよw)

 

 

 そして、死役所の建物の配置を忠実に再現しているかが気になります!

 

 

話が脱線しましたが、今回の「死役所」は

表紙をめくると見開き巻頭カラーで掲載されています。

 

 ※⇩青い文字をクリックすると最初の数ページが視聴できます!

>>月刊コミックバンチ10月号を電子書籍で読むならこちら<<

10月号には「死役所」の69条が載っています。

 

書店で立読みしたので、間違っている所も
あるかもしれませんが、チョットだけネタバレです。 

 

第69条 私が殺しました①

 

話はシ村さんと同じ、冤罪の罪を着せられたお客様に自分の過去を語り出す場面から始まります。

 

殺された娘の第一発見者となった市村さんに警察官が尋ねる。

 

「奥さんの家出中に娘さんがねぇ‥

つらいでしょう。愛する娘さんがこんな目に遭って」

 

そう尋ねる警察に対して

 

「え?」

 

と答える市村さん。

 

 

そして死因究明の為、司法解剖すると伝えると

市村さんは「娘をあれ以上傷付けられるなんて‥」と困惑する。

 

 

しかし警察は、必要な事だと司法解剖するのであった。

 

 

そしてその結果を市村さんへ伝えた。

 

 

胃の中に、土や絵の具が見つかった‥と。

 

 

警察は娘を預かってもらっていた近所の野田というおばさんにも事情を聴きに行っていた。

 

娘の幸子ちゃんがお昼を出しても何も食べないと言うと

市村さんは大丈夫だと言っていたと。

 

そして奥さんは入院中だと聞いていた‥と。

 

 

警察は市村さんが娘を虐待していた事がバレるのを恐れ

解剖する事にしたのではないかと疑い始めるのであった‥。

 

 

‥という事で、この話は来月号へと続きます!

 

 

>>月刊コミックバンチ10月号を電子書籍で読むならこちら<<

 

 

第14巻は2019年10月9日(水)に発売の予定です!

「死役所」第63条 月刊コミックバンチ4月号発売しましたね!

今晩は~!ホラー大好き、でも怖いの苦手な零です(^.^)

 


月刊コミックバンチ4月号が発売されましたね!

 

 

4月号には「死役所」の63条が載っています!

 

残念ながらこの号は書店で立読みする事が出来ませんでした~!!

 

しかし!?

 

 

今回「死役所」は、表紙をめくると

見開き巻頭カラーで掲載されています。

 

 ※画像をクリックすると最初の数ページが視聴できます!

いつも白黒の「死役所」がカラーで見る事が出来ます!

 

そして待望の第13巻は2019年4月9日に発売の予定のようです!

 

ネタバレ出来ずに残念ではありますが13巻に期待します!

 

 

>>月刊コミックバンチ4月号を電子書籍で読むならこちら<<

「死役所」第62条 月刊コミックバンチ3月号発売しましたね!

今晩は~!ホラー大好き、でも怖いの苦手な零です(^.^)

 


月刊コミックバンチ3月号が発売されましたね!

 

3月号には「死役所」の62条が載っています!

 

 

書店で立読みしたので、間違っている所も
あるかもしれませんが、チョットだけネタバレです。 

 

第62条 幸子④

 市村さんと妻の幸子は子供の美幸の事を案じ

「加護の会」へ行って話を聞いてみる事にした。

 

「加護の会」の教祖さまは

 

あるがままを受け入れなさい

 

子供をいっぱい抱きしめて

愛情を注いであげなさい

 

と言うだけで、絵具や土を好んで食べる子供が

どうしたら普通の食べ物を食べてくれるようになるのかを説いてはくれなかった。

 

 

解決の糸口が見つからずがっかりして家に帰る市村と幸子。

 

 

このままで自分のせいで美幸は死んでしまう

 

おばさんのようにと泣く幸子に市村は

 

幸子の全てを受け止めると心に誓うのであった。

 

 

 

仕事を終えた市村が

泥団子に見た目が似ている

おはぎを買って家に戻ると

 

二人の姿が無かった‥。

 

 

ちゃぶ台の上には書き置きがあった。

 

 

 

美幸といっしょにもう一度「加護の会」へ話を聞きにいってきます‥と。

 

 

それを読んた市村は、急いで「加護の会」へと向かった!

 

 

門の前で教祖の息子が市村に答えた。

 

 

会う事は出来ない

 

幸子はここにはいない

 

自分も幸子が今何処にいるのか知らない

 

一週間後には戻る‥と。

 

 

そう言われ、市村は仕方なく帰ろうとすると

目の前に土を食べている美幸がいた‥。

 

 

幸子はいったい何処へ‥?

 

>>月間コミックバンチ3月号を電子書籍で読むならこちら<< 

 

 

この話は来月も続くようです。

 

そして来月号は「死役所」が表紙のようです!

楽しみ~!!

「死役所」番外編・書物保管室が載っている月刊コミックバンチ2月号発売しましたね!

今晩は~!ホラー大好き、でも怖いの苦手な零です(^.^)

 


月刊コミックバンチ2月号が発売されましたね!

 

 

2月号には「死役所」の61条の他に

番外編も載っています!

 

今回は「死役所」のページがいつもより沢山載っているのでとってもお得です!

 

 

書店で立読みしたので、間違っている所も
あるかもしれませんが、チョットだけネタバレです。

 

 

 

番外編 書物保管室

 

 

 

書物保管室とは、亡くなった人が所持していた本や雑誌、マンガ等を保管している部屋で、シ村さんはハシ本くんに本の整理をお願いし部屋を後にした。

 

 

シ村さんと入れ違うようにハヤシが書物保管室へやって来た。

 

 

そしてハヤシはハシ本くんにマンガコーナーを作って欲しいと言うのであった。

 

 

ハヤシは近くにあった本を何げなく手に取り見ているとパラりと何かが落ちた!?

 

 

それを拾ったハヤシは

 

おお~!!

 

と歓喜の声を上げた??

 

 

それは、無修正の若い女性の裸の写真だった♡

 

 

ハヤシはその写真を貰う事にした。

 

 

写真を見ながルンルンして階段を降りるハヤシを見て

不審に思うニシ川が声を掛けて来た!

 

 

 ニシ川さんに見つかってしまった写真はこの後どうなる??

 

  

>>月刊コミックバンチ2月号を電子書籍で読むならこちら<<

 

 

そして現在※2019年1月9日まで1巻から3巻が

今だけ無料で読めるキャンペーン実施中です!

 

 

 

「死役所」第61条 月刊コミックバンチ2月号発売しましたね!

今晩は~!ホラー大好き、でも怖いの苦手な零です(^.^)

 


月刊コミックバンチ2月号が発売されましたね!

 

 

2月号には「死役所」の第61条が載っています!

 

 

書店で立読みしたので、間違っている所も
あるかもしれませんが、チョットだけネタバレです。

 

幸子③

 

シ村さんは冤罪で亡くなったお客様に自分の過去の話を話し始めた‥。

 

 

叔母を亡くし、一人ぼっちになった幸子と結婚した市村さん。

 

 

2人の間に女の子が生まれた。

 

 

その子は美幸と名付けられ大切に育てられたのだが

 

 

美幸は他の子供と少し変わっていた‥

 

 

ほとんど喋らず、5歳を過ぎてもおっぱいを欲しがった。

 

 

幸子と市村は、他の食べさせようとしたのだが美幸は嫌がって食べようとしない。

 

 

そんな時、絵の具を見つけた美幸は美味しそうに舐め始めた!?

 

 

その他にも美幸は外に生えている草や土を好んで食べるのであった。

 

 

2人は美幸の事を特別な子供だと思う様になった。

 

 

 

そんなある日、美幸が風邪を引き医者に連れて行くと

医師から体に良い愛情のある食事をするように言われ、

 

幸子は自分が母親としてちゃんとしていないのではと思い悩むのであった。

 

 

そんな時、近所の人から一枚のチラシをもらった。

 

 

そのチラシには「加護の会」と書いてあった‥。

 

 

普通の子供と違う、特別な子供として生まれて来た娘の育児に悩む幸子に神の救いが!?

 

 

シ村さんの生前のお話は次月も続くようです!

 


2月号の立読みをしたい人はココをクリックどうぞ!(^^)/
  ↓  ↓  ↓
月刊コミックバンチ2月号

「死役所12巻」第57・58条 シ村さんの迷言&お客様の心の叫び「死役所」の不思議【ワイは死んだ今でも犯罪者のままじゃ】

今晩は~!
ホラー大好き、でも怖いの苦手な零です(^^ゞ

 

今回も、シ村さんの突っ込み処満載の

心に残る迷言?をご紹介します!

   

 第57・58条 夜ノ目町爆弾事件①②

 

 このお話は、無実の罪をなすりつけられ

犯罪者のまま死んだ男性のお話です。

 

「死役所」の不思議

死役所は何階まであるの?

 

シ村さんは「肺炎病死課」に今回のお客様を案内し、手続きを行った後

席を外したのか?その後上の階から階段で降りて来た。

 

そしてお客様に「成仏許可書は受け取られましたか?」と尋ね、

受け取った事を確認すると

 

「では、あちらの階段を降りて右に行きますと「成仏課」がありますのでそちらで提出されてください」と言った。

 

この会話から、死役所は少なくとも3階はあるという事が分かった!?

 

 

シ村さんの迷言!?

 

真犯人は今頃何事も無かったように暮らしているんですかねぇ

 

もしくは‥

 

そんな事件を起こした犯人です

他の事件を起こして死刑になっているかもしれませんね。

 

 

お客様の心の叫び

 

お前さんも冤罪被害者なのか?

 

じゃけぇワイの気持ちがわかるんか?

 

お前さんも苦しんだか?

 

話してくれんか?

 

ワイはずっと仲間が欲しかった‥

 

ワイは死んだ今でも犯罪者のままじゃ

 

聞きたいんじゃ、分かち合いたいんじゃ

 

同じ境遇の人間がおったということは

それだけで救いになる

 

聞かせてくれ‥。

 

 

そう言われ、シ村さんは

 

「私の話など面白くありませんよ」と言いながらも

 

「では少し、昔話でもしましょうか‥」

 

と、語り始めるのであった‥。

 

 

「死役所12巻」無料で立読みはこちら

 ※「死役所13巻」は2019年春、発売予定です。

今なら完全無料で立読み出来ます!「死役所12巻」第58条 夜ノ目町爆弾事件②ネタバレ【お気持ち大変よくわかります】

今晩は~!ホラー大好き、でも怖いの苦手な零です(^.^)

 

今日も貴方を不思議な世界にお連れします(⁻ ⅴ ⁻) 

 

 

 

このお話は実家の牛乳配達を手伝っていた男が

爆弾事件の犯人にされてしまったお話です。

 

 このお話は57条の続きです。

 

※現在コミックバンチwebにて無料で読む事が出来ます!

内容を知りたい方はこちらをクリック!
 ⇓ ⇓  ⇓
第58条 夜ノ目町爆弾事件② 無料で立読み

 

しかし、いつ配信が終了するか分かりません(>_<)

その時は、このネタバレを呼んで下さい!

 

 

  

 第58条 夜ノ目町爆弾事件② 

 

行亮は、何かの罰なんかと思ったという‥。

 

警察に何度も同じように聞かれ

同じように答え続ける‥

 

すると、自分が本当に罪を犯したような気にもなってくる

 

何もやっとらんのにじゃ‥。

 

 

それを聞いていたシ村さんは

「ええわかります」‥と

ほほ笑みながら答えた。

 

 

警察は一方的に行亮を犯人扱いし

 

認めないのないのなら工業高校出身の行亮の兄にも取り調べすると言いだした!?

 

 

行亮は思った。

 

兄貴は優しい奴だから

この取り調べに耐えられず自分の為に罪を被るかもしれない‥と。

 

 

行亮の兄は、どんな時でも行亮に対して優しかった。

 

だから兄には辛い思いをさせたくなかった。

 

 

だから行亮は本当はやっていないのに

「ワイが、やりました‥」と言った。

 

 

そして「兄貴には何もせんでくれ」と頼むのであった。

 

 

その後、行亮は28年も服役することになった。

 

 

行亮は、死んだ今でも自分を陥れた

警察、検察、裁判官を許す事が出来ないという。

 

 

シ村さんに

「真犯人に対してはどのような感情をお持ちですか?」と聞かれ行亮はキョトンとした。

 

「そりゃまあ‥許せんわ」

そう答えるが、無実の罪をなすりつけた警察に対する怒りの方が強く

 

「警察の奴らも一緒に死刑になればええんじゃ」と言うのであった。

 

 

行亮の為に兄は

街頭演説・署名・支援会を発足

ホームページの作成

そして、世間の目とも戦い

本当に頑張ってくれていたとシ村さんは言った。

 

 

だからこそ

 

「兄貴の為にも無実を証明したかった‥」と行亮は言った。

 

 

それを聞いたシ村さんは

 

「金子さん、長い間苦しんでこられましたね

お気持ち大変よくわかりますと言った。

 

 

すると行亮は

「はん、お前さんに何がわかるっていうんじゃ」と突っぱねた。

 

 

するとシ村さんは悲痛な顔で

 

「いえ‥わかります」と答えた。

 

 

そのシ村さんの表情を見た行亮は

成仏する前にシ村さん尋ねるのであった。

 

お前さんも冤罪被害者なのか?‥と。

 

 

「死役所12巻」無料で立読みはこちら