「しやくしょ」それはあの世とこの世の境界線

【漫画】死役所のネタバレや感想を書いてます

死役所9巻 第42条 遺すべきもの ネタバレ【故人の残した手紙によって不幸になる人、幸せになる人】

今晩は~!ホラー大好き、でも怖いの苦手な零です(^.^

 

死役所」9巻が発売しましたね!

 

 

このお話は、乳がんで亡くなったシングルマザーの元舞台女優が

残した一通の手紙にまつわるお話です。

 

  第42条 遺すべきもの

 

 

この物語は、ある俳優の記者会見から始まる‥

 

その俳優は、

長い間ずっと隠し続けていた事をお詫び致します

と言うのだった‥。

 

 

 

場面は変わり「死役所」へ

 

 

「癌死課」で息抜きと称して

仕事をサボってハヤシが漫画本を読んでいた。

 

 

 

「癌死課」の職員の竹シタさんは、イシ間さんより

「死役所」にいる年数が長いのだが

まだ成仏の辞令が来ないと言う‥。

 

 

 

ハヤシは、人間はいつ死ぬかも

いつ成仏するかもわからないんだな‥と思うのであった。

 

 

 

 

ふと見ると、「癌死課」の手続きをシ村さんやっていた。

 


ハヤシは自分の事を棚に上げて

シ村さんは何処にでも現れるな‥と思うのであった。

 

 

 

お客様は若いが、とても痩せた女性だった。

 

 

ハヤシはその女性に

「若いのにきついすね」と、声をかけ

申請書を覗き込む‥

 

明智磨美

 

まだ40歳か‥

 

 

えっ?

 

 

元女優!?

 

 

有名な人なんすか!?

 

 

いえ‥女優と言っても

舞台でしかやってませんから‥と明智は答える。

 

 

 

ハヤシはサインを貰うべきかシ村さんに聞くと

 

ご自分で判断して下さいと

そっけなく言われるのであった。

 

 

 

 

 ハヤシは突然明智に向かって

 

何でこんな事したんすか?

 

と聞くのであった‥!?

 

 

 

 

明智はシングルマザーで

澪と言う名前の娘が1人いた。

 

 

生前その女性は、乳がんになり
片方の乳房を切除していた‥。

 

 

娘が小学校5年生になる頃、癌が転移し

母親は、再び病院に入院する事になった

 

 

一人暮らしをさせられないと

娘を施設に預ける事にした‥。

 

 

明智は、死ぬ前に娘に父親の事を
教えようとする

 

 

澪‥あなたのお父さんは‥

 

 

すると娘は

 

 

やめてよ!

 

 

お父さんの事なんで知りたくない!

 

 

澪は、お母さんがいればいいの!

 

 

 

だからっ‥

 

 

責任もってしっかり長生きしてよっ‥

 

と泣き出すのであった‥

 

 

 

ごめん‥ごめんね‥

 

 

明智は娘に父親の事を告げる事無く

あの世に旅立つのであった‥。

 

 

 

 天涯孤独になってしまった澪‥。

 

 

 

その頃、藏沢達也という俳優の元に

一通の手紙が届く‥

 

 

 

お久しぶりです。覚えていますか‥

明智磨美です。

この手紙が届く頃、私はこの世にいないかもしれません‥

 

 

手紙には、一枚の写真が添えられていた‥。

 

 

 

 

ハヤシは明智の取った行動に

憤りを感じていた‥。

 

 

 

子供が出来ても結婚してくれなかった男に

そんな手紙出して何になるんですか?

 

 

娘は父親なんて望んでなかったんしょ?

 

 

浅はかにも程があるじゃないですか?

 

 

知りたくもない真実を知ったところで

何になるんですか?

 

 

真実を遺して逝く事に

 

一体、どんな価値があるって言うんですか‥!?

 

 

 

シ村から

 

そんなに攻め立てては明智さんに失礼ですよ。

 

お客様は仏様です。とハヤシは注意される。

 

 

 

 

シ村さんは明智に尋ねる‥

 

 

何か深い事情がありましたか?

 

 

それとも

 

ただの自己満足ですか?

 

 

 

女性は、その問いに答える事無く
手続きを済ませ成仏した。

 

 

 

シ村に、お母様の事でも思い出だされましたか?

と聞かれたハヤシは

 

 

‥はい

 

 

母親があんな手紙を書き残しさえしなければ

 

 

 父親にも妻のまりあにも

気持ち悪いなんて思われなかった‥

 

 

 

そして今頃

 

現世で普通に‥。

 

 

 

勝手すよ!

 

遺された人がそれを受け止めるのを

 

どれだけ大変かも考えずに

 

自分だけ満足して終わるなんて‥

 

 

 

 

 

それはハヤシさんも同じではありませんか?

 

 

シ村に言われ、キョトン?とするハヤシ‥

 

 

ハヤシさんは自分を裏切った人間

(妻のまりあと浮気相手の男)だけでなく

 

 

無関係の子供まで殺害しましたよね?

 

 

それは何故ですか?

 

 

ハヤシは

 

俺の子供じゃないと分かったら

急にバケモノみたいに思えてきて‥と答える。

 

 

 

 

それで殺して満足したんですね?

 

 

 

 どんな形にせよ大抵の人間は、

 

自己満足の為に生きているのかもしれませんねぇ‥

 

と言うのであった‥。

 

 

 

明智から手紙を受け取った俳優は

記者会見で何を語るのだろうか‥

 

 

 

貴方は自分が亡くなる前に

誰かに手紙を残しますか?

 

 

 

母親の残した手紙によって人生を狂わされた

「死役所」職員のハヤシの生前の話は

ここをクリックすると読めますよ!
  ↓  ↓  ↓

mitehaikenai.hateblo.jp

mitehaikenai.hateblo.jp

mitehaikenai.hateblo.jp

 

死役所9巻 第40条 託す① ネタバレ【他人事ではない、介護の現実‥】

今晩は~!
ホラー大好き、でも怖いの苦手な零です(^^)

 

待ちに待った「死役所9巻」が本日発売しましたね!

 

 

今回は、痴呆症になってしまった母親の介護をする

介護士のお話です。

 

40条「託す①」

 

シ村が「他殺課」へやってくると

イシ間がいた席に、新人のハシ本が座っていた‥。

 

 

隣に人がいると落ち着かないからと

 同じ部署の衝撃が嫌いなベテラン職員のフシ見

自分が移動するよう頼んだのだと言う‥。

 

 

ハシ本くんに、またいつ襲われるかって考えてたら

仕事、してられないよ~!とイヤミを言うのであった!(w)  

 

 

 

ハシ本は無言で紙に何かを書いていた‥

 

 

殺す 殺す 殺す 殺す‥ と!

 

 

ハシ本の机には、イシ間が置いて行った名札があった。  

 

 

シ村が「飾ってらっしゃるんですか?」と聞くと  

 

ハシ本は「どう処分すればいいか分からなくて‥」と答えるのであった。

 

 

シ村は「よろしければ私がお預かりいたしますよ」と言って

名札をスーツの内ポケットにしまい立ち去るのであった‥。    

 

 

 

シ村が「死役所」の廊下を歩いていると向こうから

加賀シロという男の職員が やって来てシ村を見るなり

 

廊下の真ん中を歩くな!邪魔臭いと注意をする。

 

 

シ村はそれをいつもの笑顔で

「加賀シロさん、お疲れ様です」とあいさつすると

 

 

相変わらず気色悪い笑顔だな

と、言うのだった。

 

そう言われても動じないシ村は

 

「そうですか?」とその気色悪い笑顔で返すのであった。

 

   

 

そして、イシ間が小学生のお客様と一緒に成仏したと聞くと  

加賀シロは

 

 

最後までぬるい奴だったな  

あの男はいちいち客に同情して鬱陶しかった  

 

この仕事に同情はいらん

と捨て台詞を言って去って行った‥。    

 

 

シ村はそれに対して

そうですか と返事をするのであった‥。

 

   

 

その頃、この世では‥。  

 

 

特別養護老人ホームに入居している

藤田と言う男性が

 

 

いらん、いらん!

 

お前なんかの世話にはならん!

 

木村を呼べ、木村を!    

 

と、中年女性の介護士の甲斐が担当なのに

若い男性の介護士の木村を指名する。  

 

 

そう言われ、甲斐は  

 

あ~、はいはい

 

木村く~ん

藤田さんの対応よろしく~!  

 

と、他の患者さんの対応をしている木村くんに  

 

じゃあ、頼んだわよ と、

仕事を押し付け行ってしまうのだった‥。

 

  

 

甲斐は、藤田さんがいう事を聞かないから

 

飲ませている薬が弱い、

もっと強い薬を出せばいいのに‥と思うのであった。

 

 

その後、木村くんは甲斐の所へ来て

 

自分1人で藤田さんの対応をしている訳にはいかないんですよ

ちゃんと分担してください!と注意するのであった。

 

 

すると甲斐は、

 

うるさいわね!

 

藤田さんは木村くんがお気に入りなんだから当然でしょ!

 

あんた、何にもわかんないんだから

あたしの言うこと聞いてなさい!

 

と、木村くんの言う事など聞く耳持たずなのだった‥。

 

 

 

会議の時、甲斐は入居者が病院へ行った時

薬の量をもっと多く処方してもらえないかと提案する。

 

 

しかし、施設長はうちの方針と違ってくるからと

それ以外の対応を考えて行きましょうと言うのであった。

 

 

 

 

甲斐は、休憩中に他の職員とお菓子を食べながら

施設の方針についてダメ出しをしていた‥。

 

 

施設長は自分が介護に入らないからわかんないのよ!

 

 

藤田さんに薬飲ませたら

きっと一発でおとなしくなるわよ~

 

 

同僚の女性も、

わかるわかる~!

と甲斐の意見に同意する。

 

 

 

たまにしか来ない藤田さんの息子から、

認知症が進んでいるのは施設のせいだと文句を言われ

 

 

それならとっとと精神科にぶち込めばいいのよ!

 

本人だってつらいわよねぇ

 

無駄に暴れて騒いで疲れて

 

症状悪い人はどんどん薬に頼らなきゃねー!!

と言うのであった。

 

 

 

同僚も、

わかるわかる~!

そうよね~!

と、相槌を打つのであった。

 

 

 

その話を聞いていた木村くんが

 

それはどうかと思いますけど‥

 

副作用もあるし

依存度も高くなるから

そっちの方がきっとつらいですよ

 

と、口を挟んできた。

 

 

 

甲斐は木村くんの意見に反論する。

 

 

何それ!本人に聞いたの?

 

 

中途半端な同情が一番無意味よね

この仕事に同情はいらないのよ

 

 

わたしは母が痴呆症になったら

すぐ薬を処方してもらうわ

 

 

他人に迷惑かけたくないし

母だってその方がいいに決まってるもの‥と。

 

 

 

甲斐の意見に同僚の女性は

 

そうよね、わかる~その意見に賛成!

 

同盟組んじゃいましょ!

と共感するのであった‥。

 

 

 

2人は痴呆患者は薬を飲ませて

大人しくしてればいいと思っているのであった‥。

 

 

 

 

そう言う甲斐の母親は

 

実はボケていて

何を言っているのか分からないような言葉を発していた!!

 

 

 

甲斐は、自分が仕事をしている時

母親をデイサービスの人に頼んでいるのだったが

 

 

母親の言葉をちゃんと聞き取れているのか心配だった。

 

 

母親にその事を聞くと

 

あーよー

 

と、返事をするのであった。

 

 

 

甲斐は、

 

本当に?

あの人たち頼りないから心配だわと言う。

 

 

 

 

食事中、突然母親は立ち上がり

棚の扉を開け何かを探し始めた‥?

 

えったー

おっこーのー

いーお

いーお

 

と言う母親。

 

 

 

甲斐はその言葉を聞き

飼っている猫のミーコにエサをあげたいのだと理解した。

 

 

猫にえさはちゃんとあげていたのだが

母親は猫缶を食べさせたいと言うのである‥。

 

 

 

仕方なく甲斐は、母親に猫缶を手渡した。

 

 

 

すると母親は

猫缶を、そのままガスコンロに乗せて

火を付けて温めようとした!!     

 

 

 

ちょっと!

 

何やってるのお母さん!?

 

危ないでしょ!

 

缶詰なんか火にかけちゃ駄目なの!

 

そう言って叱るのだが‥

 

 

母親は、それがどうして悪い事なのか分からないようだった‥。

 

 

 

その後、甲斐は母親を脳外科に連れて行った‥。

 

すると認知症が進行しているようだと言われたが、医師から

 

 

でもよかったですね。

 

娘さんが介護士ならお母さんも安心でしょう‥

 

と言われ、甲斐は嬉しくなるのであった。

 

 

 

 

 

甲斐は、自分が仕事に出ている時は母親を

デイサービスやショートステイで見てもらっていたのだが‥

 

 

ショートステイの時、最近母親は

夜中にずっと叫ぶので対応しきれないと言われ、

 

ショートステイを遠慮してくれと言われるのであった!?

 

 

 

それを聞いた甲斐は

 

まさか‥

母が嫌がる事をしたんじゃないでしょうね?

 

 

いいわ!もうおたくには頼みません!

 

と、怒り出した!

 

 

 

施設の人は、デイサービスの利用だけなら大丈夫だと言うのだが‥

 

いいえ、結構!

 

甲斐は全てのサービスを断るのであった‥。

 

 

 

しかし、施設は空きがないし

有料老人ホームは高い‥。

 

 

 

その時、姉から電話が掛かって来た‥

 

 

 

母親を入れる施設にを捜していると姉にいうと

 

施設にいれるなんて駄目よ!

 

 

知らない人と暮らさせるなんて

お母さんがかわいそうだと言うのである。

 

 

それでは自分が仕事に行けない

姉さんが手伝いに来てくれるの?

 

 

そう尋ねると

 

 

介護士の亜生子にはどう頑張っても敵わないと言われる。

 

 

そして、仕事を辞めて自宅介護しなさいよ!

 

 

あなたも知らないお年寄りの相手をするよりいいじゃない?

 

 

お金なら援助してあげるから‥

 

 

 

姉にそう言われ甲斐は

 

 

 

案外いいかもしれないわね‥

 

今まで何人も相手にしてたのを

お母さん1人の介護に専念できるものね‥。

 

 

 

今の職場に思い入れはないし、給料も安い

 

 

それに何より

あたしはプロの介護士

 

お母さんの為に完璧な介護をしてみせるわ。

 

 

 

甲斐は仕事を辞めて母を看る事にするのであった‥。

 

 

 

 藤田さんの息子の事を非難しながら

自分も同じような事をしている甲斐‥。

 

 

甲斐は自分の親を薬で大人しくさせるのだろうか‥?

 

 

 

この41条で「加賀シロ」という新しい職員が登場しましたね!

 

「フシ見」も「ハシ本」も何をするか分からないキャラだけど

加賀シロも、なかなか濃いキャラのようです!

 

彼らがなぜ死刑囚になってしまったのか

追々明らかになっていく事でしょう~!

今後の展開が楽しみです!    

 

 

 

本日9巻発売しました!

ここをクリックすると立読み出来ますよ!
↓ ↓ ↓
死役所9巻読むならこちら 

 

 

>>この話の続き、第41条託す②のネタバレはこちら<<

死役所9巻 第41条 託す② ネタバレ【お母さん‥一緒に死のうか?介護疲れの果てに取った娘の行動は‥⁉】

今晩は~!ホラー大好き、でも怖いの苦手な零です(^.^)

 

死役所」9巻が発売しましたね!

 

このお話は、40条託す①の続きです

  

第41条 託す②

 

このお話の主人公、甲斐という中年の女は

 

介護の仕事を辞め、自宅で1人

自分の母親の世話する事にした。

 

 

夜中になると母親は

 

あーお!

あーお!

 

と、大声をだし甲斐を起こす!?

 

 

またトイレ?

 

どうせ出ないでしょ?

 

お願いだから寝ててよ!

 

 

甲斐が、そう言うと母親は

 

あーーー!

 

と、さらに大きな声を出すのであった‥!?

 

 

 

しかしトイレに連れて行くと全然出ない‥

 

 

 

ほら!出ないじゃない!

 

いちいち起こさないでくれる!?

 

睡眠薬効いてないんじゃない?

 

何でいっつも起きるのよ‥

 

 

 

寝不足でイライラして母親に怒る甲斐‥。

 

 

そして寝ている最中に母親は

お漏らしをしてしまうのだった‥。

 

 

 

 

 猫のミーコの姿がないと母親は

甲斐に探せと暴力を振るうようになった‥。

 

 

 

もう嫌‥

 

夜は眠れないし体中痣だらけになるし

 

せめておとなしく眠ってくれれば‥。

 

 

 

 

そうだわ!睡眠薬‥

 

一回分の量を増やして‥

 

 

 

パキ パキ パキ パキ‥

 

 

気が付くと甲斐は

 

 

大量の睡眠薬の錠剤を

ケースから取り出していた‥!?

 

 

 

ハッと我に返り、甲斐は

 

自分のしようとしていた事に

ゾッとするのであった‥。

 

 

 

1人での介護に限界を感じた甲斐は

母親を連れて宅老所の見学に行くのだった‥。

 

 

すると、その施設には、

以前一緒に働いていた内山という女性がいた!

 

 

前に勤めていた施設では今、

木村くんがリーダーをやっていると言う‥。

 

 

内山さんは最悪だったから

辞めて今はここで働いていると言うのだった‥。

 

 

 

 

きっと気に入ってくれるわよ、ここ

 

 

甲斐さんの介護に対する考えに

よく合ってると思うから

 

 

 内藤さんは施設の中を案内する。

 

 

 

皆、落ち着いてるでしょ?

 

 

そうねぇ‥

 

 

その施設の老人たちの様子を見ると

 

殆ど寝ているか、無表情な老人が多かった‥。

 

 

多分、多量の薬を投与れているのであろう‥

 

 

 

その施設の老人たちを見て甲斐は

 

母をここに入居させたら、今までのように

笑ってくれるの?と思うのであった‥。

 

 

 

そんな時、姉から電話が掛かって来た‥。

 

 

姉は、テレビで報道された

介護施設での虐待のニュースを見て

 

 

亜生子は絶対にお母さんのこと

施設になんて入れないでよ!と言う‥

 

 

甲斐は

 

うるさいわね!

わかってるわよ!

 

そう言ってガシャンと電話を切るのであった‥!?

 

 

 

 

入れないわよ

 

あたしはプロの介護士だもの‥

 

お母さんはあたしが最後まで面倒見てあげなくちゃ

 

 

相手はお母さん1人よ

 

楽なはず‥。

 

 

夜勤の時は一睡もせずに働いてたもの‥

 

 

 

 

痴呆が進み、行方不明になったり

大声を出したり、暴力を振るい始める母親‥

 

 

 

そんなある日、近所の人達が家にやって来て

 

ちょっと夜、静かにしてもらえませんか?

眠れなくて困ってるんですよ~と、苦情を言ってきた!

 

 

 

ムカついた甲斐は対応をすることなく

玄関のドアをピシャンと、力任せに締めた!

 

 

甲斐の態度に気分を害した近所の人達は

 

 

警察に言った方がいいんじゃない!?

 

あの叫び方は異常よね!

 

虐待しているかもしれないわよ!

 

と、口々に言うのであった。

 

 

 

 

夜になり、また母親の叫び声で起こされる甲斐‥

 

 

追い詰められた甲斐は

禁断の言葉を言ってしまう‥

 

 

お母さん‥一緒に死のうか‥?

 

 

 

 その言葉に母親は

 

おーて‥

おーてーねー

おーてー!

 

と、答えるのであった‥。

 

 

甲斐は、母親の体の上にまたがり

首に手をかける‥!!!

 

 

 

お母さん、ごめんなさい‥

 

 

 

甲斐は、昔の事を思い出す‥

 

夫に浮気をされ、別れた時に

母親がやさしく自分を迎えてくれた事‥

 

 

 

脳血栓で突然倒れ、言語障害が残ってしまった事‥

 

 

 

ごめんね、お母さん

 

ずっと苦しませて‥

 

あたしもすぐに

 

すぐに行くから‥

 

 

 

 気が付くと甲斐と母親は「死役所」にいた‥

 

 

 

母親を締め殺し、自分も後追い自殺‥

 

 

甲斐は「自殺課」に

母親は「他殺課」になるとシ村に言われ

 

母親をシ村が案内すると言うのだが

 

 

 

最後の最後まで自分が母親の面倒を見ると、甲斐は

「他殺課」に付き添うのであった。

 

 

シ村に「献身的にお世話なさってたんですねぇ」と言われ甲斐は

 

 

当たり前でしょ、あたしの母だものと答える。

 

 

 

責任感がおありなんですねぇ‥

 

殺害も責任感を背負ってのことですか?

 

 

 

そう言われ、甲斐は

 

そうよ、全部母の為に‥

 

 

 

シ村は、いつものようにイヤミたっぷりに語り出す‥

 

 

そうですか、お気持ち大変よくわかります

 

 

介護生活は、終わりが見えませんからね

 

 

寝不足で疲労は溜まり

 

介護士としての自信も喪失し

 

憎悪も深まっていったでしょう

 

 

殺害してしまうのも無理はありませんよねぇ‥と。

 

 

やめて!

 

母の為って言ってるじゃない!

 

何よ嫌味ったらしくネチネチと!

 

あたしは‥

 

 

あーーー!!

 

あーおいぃっといとーいーな!!

 

 

おー!

 

あー!

 

突然母親が大声を出し

シ村をぽかぽかとたたき出した!?

 

 

 

その時、ハシ本がシ村に声をかける‥

 

あ、の‥データないです

 

 

それを聞いたシ村は甲斐に伝える‥

 

 

お母様は他殺ではないようですよ、と‥。

 

 

 

 

 

あなたは終わりの見えない現実に

寄り添うことが出来ますか?

 

 

  

僕はいつも電子書籍でマンガを読んでいます。

特にebookjapanが気に入っています。

 

外出先ではスマホから読めるし

家ではパソコンを使って
大画面で読むことが出来るからです。

 

 

それに「トランクルーム本棚」という所に
ダウンロードすれば


インターネット環境が無い所でも
読む事が出来るからです。

 

 

ここをクリックすると動画で詳しく説明してくれるので
安心して登録することが出来ますよ!
  👇
マンガ読むならebookjapan

死役所9巻 第44条 隠しごと ネタバレ【部屋の前のうんこがそのままなのがキツイという引きこもり】

今晩は~!ホラー大好き、でも怖いの苦手な零です(^.^

 

2017年8月9日に死役所」9巻が発売しましたね!

 

 

この第44条は、9年間自分の部屋から一歩も出ず

ひきこもりを続ける息子をひた隠しにしていた母親のお話です。

 

 

第44条 隠しごと

 

小見(おみ)という62歳の保険外交員の主婦が今回の主人公です。

 

 

 

小見は職場の皆に息子の海外旅行のお土産だと

高級そうなチョコレートを皆に配る。

 

 

 

34才の息子がまだ独身だと聞き

会社の同僚は、自分の姪との見合い話を勧められるのだが‥

 

 

小見は、息子はしょっちゅう海外に出かけ

またしばらく帰って来ないからと

縁談話をやんわりと断るのであった‥。

 

 

 

小見は保険の外交の仕事を終え家に帰り、

夕飯の支度をしていた‥

 

すると突然!?

 

ズキン!

 

ズキン

 

ズキン

 

ズキン‥!

 

 

頭が急にズキズキと痛み出した‥!?

 

 

 

スマホをポケットから取り出し

救急車を呼ぼうと電話を掛けようとするのだが‥

 

 

あかん‥救急車はっ‥!?

 

 

何故か、小見は救急車を呼ぶことをためらう‥。

 

 

 

そうしているうちに小見は玄関先で

 

 

倒れてしまった!!

 

 

 

 

その頃死役所では‥

 

 「他殺課」のフシ見が新人のハシ本を

使えない奴だとシ村にぼやいていた。

 

 

 

フシ見は、シ村はいつも暇そうにしているから

もっとしっかり指導してくれと言うのであった。

 

 

それは申し訳ございません

ハシ本さんは今どちらに?

 

 

シ村がフシ見に尋ねると

 

 

「どっか行ってから帰ってきてないよー」というのであった‥。

 

 

 

シ村は「相談室」の壁に向かって立ち尽くしているハシ本を見つけ声をかける。

 

 

 

ハシ本さん、お疲れ様です。

仕事をする気力がなくなってしまいましたか?

 

 

毎日お客様の対応をするのは大変でしょう‥

結局は同じことの繰り返しですよ

 

生前から慣れていらっしゃるでしょう?

 

 

無言のハシ本。

 

 

 

では、戻りましょう

フシ見さんも心配していらっしゃいましたよ。

 

 

シ村にそう言われハシ本は

 

「そんなはずはない」と答え、シ村は

 

 

「いえいえ本当ですよハシ本さん」と言うのであった‥。

 

 

 

2人が階段の上っていくと

踊り場で、窓の外を眺め

ため息をついているお客様を見つけた‥。

 

 

 

 そのお客様は、小見だった‥!?

 

 

 

お客様、今日はどのように亡くなられましたか?

 

 

 シ村が尋ねると、小見は

 

えらい頭痛がしたので脳出血やと思いますと答えた。

 

 

 

シ村はそれを聞いて小見を

「脳卒中死亡課」へと案内するのであった。

 

 

 

62才で亡くなった小見温恵さんは

夫を亡くしてから保険外交員をして暮らしていた。

 

 

息子が1人いるのだが

 

貿易関係の仕事で世界中を飛び回っていて

なかなかうちに帰って来ず

 

 

今は1人暮らしをしていると言うのであった‥。

 

 

 

シ村は

一人暮らしだとご遺体が心配だと言う‥

 

 

時間が経つと腐敗が進みますから‥と。

 

 

 

小見は、

 

あ~、まあ‥

 

月曜になれば職場の人がきっと見に来てくれますよ‥

と、言うのであった‥。

 

 

 

記入に間違いがないかデータと照らし合わせます

 

 

違う部署だが、手順は大体どこの部署も同じだと

シ村はハシ本にパソコンの仕事をさせるのであった。

 

 

小見のデータを見つけ何故か

 

フリーズするハシ本!?

 

 

シ村がのぞき込む‥

 

 

シ村は小見に尋ねる

 

 

小見さんは1人暮らしだったんですよねぇ?

 

 

データでは息子さんと2人暮らしとなっているんですが

 

海外にいらっしゃるむ息子さんとは別の方ですか?‥と。

 

 

 

 

あ‥の‥

 

‥あ‥

 

慌てる小見。

 

 

 

引きこもりですね?

 

 

 

息子さんは25才から9年間

自室からこもりっぱなしなんですね?

 

 

 大変でしたねぇ

お気持ち大変よくわかります。

 

 

 

あの‥も、もっと小さい声で‥

 

小見は死んでからも世間体を気にする。

 

 

 

そんな小見にシ村は

 

 

もう見栄を張らなくてもいいんですよ

ご自分で海外のお土産を買う必要もないんです。

 

 

 

息子さんがどうして引きこもりになったのか尋ねると

 

わからないと小見は言う‥。

 

ある日、急に会社に行かなくなってからずっとだと‥。

 

 

 

それから9年間放っておいたのですか?

 

 

シ村からそう言われ声を荒立ててる小見!

 

 

失礼な!

 

私は毎日息子の世話をしてきました!

 

 

 

生活の世話はしても

 

引きこもりから救い出しはしなかったんですね?

 

 

 

しなかったんやない‥

 

出来なかったんや‥

 

 

小見は、最初は必死で息子を連れ出そうとしたと、

しかし、息子は決してドアを開けてはくれなかった‥

 

 

そうなったら何が出来る?

 

 

信じて待つくらいでしょ!?

 

せやから私、言うたんです

 

 

あんたはきっと立ち直れる

お母さん待ってるからって‥!

 

 

 

ガタッ!!?

 

 

ハシ本が突然

怒りの表情を浮かべ立ち上がった!?

 

 

 

シ村に、「お客様は仏様ですよ」と止められ

ハシ本は呪文のように

 

 

お客様は仏様

お客様は仏様

お客様は仏様‥

 

 

 

と何度も言い、静かにイスに座るのであった‥。

 

 

 

 

小見は、

自分が死んで世話をする人がいなくなれば

 息子はこれを機に立ち直って社会復帰をするのではと思うのだが‥

 

 

 

 

その頃、この世では‥

 

 

異変に気付きながらも息子は

次の日になっても部屋から出る事は無かった‥

 

 

パソコンに向かい、見知らぬ誰かとチャットをしていた‥

 

 

親に見捨てられたかもしれん。

 

 

昨日の夕飯から部屋の前に飯が置かれなくなった。

 

 

今はお菓子を食ってしのいでいるけど

これもなくなりそうで怖い。

 

 

あと、部屋の前のうんこがそのままなのもきつい。

 

 

 

チャットの相手が「部屋の前にうんこしてるの?」と尋ねると息子は

 

 

バケツに水入れて

その中にうんこして、

部屋の前に出しとく。

と返事をするのであった‥。

 

 

 

親、死んでんじゃね?

 

その問いかけに、息子は

 

 

それが一番怖いなー

親が死んだらもう生きてけん

 

と返すのであった‥。

 

 

この息子はこの先どうなるのだろうか‥??

 

 

 

そして、ハシ本はシ村にどうしていつも笑っていられるのか聞いた。

 

 

するとシ村は

 

ん~そうですねぇ‥と

 

いつもと違うずる賢そうな笑顔で答えるのであった‥

 

 

 

 

死役所9巻はこの44条でおしまいです。

 

「死役所10巻」は2018年1月に発売予定です!

 

 

「死役所9巻」読むならココをクリック!

電子書籍で510円(税別)で読む事が出来ます!

コミック買うよりお得です!

 

死役所9巻 第43条 自己診断 ネタバレ【せっかく死んだのに、 全然意味ないですね】

今晩は~!ホラー大好き、でも怖いの苦手な零です(^.^

 

死役所」9巻が発売しましたね!

 

このお話は、自らの命を絶った若いサラリーマンのお話です。

 

 

第43条 自己診断  

 

岩シ水くんは「自殺課」で

書類にハンコを押してもらってこいと言われたが

誰に貰えばいいかわらないと、シ村に相談すると

 

すると、ニシ川さんからハンコを押して貰う事を勧められる‥。

 

 

 

しかし岩シ水くんは、ニシ川さんが苦手だった‥。

 

 

頼みごとをすると怒りそうで‥と。

 

 

 

シ村は「大丈夫ですよニシ川さんは仕事に関しては真面目ですから」と言い

 

2人は「自殺課」へ足を運ぶ。

 

 

 

「ニシ川さん、岩シ水さんが用事だそうです」(シ村)

 

 

「はい」と返事をするニシ川。

 

 

無言の岩シ水‥??

 

 

何?

 

イライラしながらニシ川さんが言うと、岩シ水くんは

 

 

わあぁ!

 

すいません、すいません!!!

 

 

えーと、あのー、そのー‥

 

と、ビビり、用件を言わない。

 

 

 シ村さんが助け船を出す

 

ハンコが欲しいそうです‥と。

 

 

 

はあ?

 

ハンコくらいでビクビクしないでくれる?

 

ニシ川に怒られ、すいませんと謝る岩シ水君だった‥。

 

 

 

今日も「自殺課」は賑わっていますねぇ

 

 

シ村がそう言うと岩シ水くんは

 

 

すごいですよね自殺する人って

 

僕、絶対怖くて無理ですよ

 

 と言うのであった。

 

 

 

岩シ水くんは受付の順番を待っている列に

 

片足が無く、顔面血だらけの若い男性を見つける。

 

 

 

あの人飛び込みですか?

 

想像するだけで痛いですね

 

望み通り死ねて喜んでるんですかね?

 

 

 

シ村は「どうでしょうかねぇ」と答える。

 

 

ニシ川が岩シ水くんに

その顔が血だらけの男性の申請書を見せる‥

 

 

そこには彼、上田都築さんが自殺した

方法、理由が書いてあった‥。

 

 

 

自殺の方法‥電車への飛び込み

 

 

自殺の理由‥

誰からも必要とされていないから

 

 

 

 

お客様(死者)の上田さんは生前

上司からミスの指摘をされ落ち込んでいた‥

 

 

すいません

 

すいません

 

すいません‥‥。

 

 

 

上田さんは仕事を終え一

人暮らしをしているマンションへと戻って来た。

 

 

彼は、空き缶とゴミが散乱する部屋の中で

ベッドに腰かけビールを飲みながら

ため息をつく‥

 

 

ああぁー‥

 

またミスった

 

ダメ人間‥

 

 

役立たずでごめんなさい

 

迷惑かけてごめんなさい

 

本当にすいません

 

 ‥‥

 

 

死にたい‥

 

死にたい‥。

 

 

 

彼は携帯で「死にたい人」を検索して読んでみる事にした‥。

 

 

 

そこには本気で死ぬ気もないくせに

慣れ合い、慰め合っている言葉がつづられていた‥

 

 

うるせぇよ!

 

うるせえ!

 

 

死にたいもんは

 

死にたいんだよ!

 

 

何で知らねー奴に

心の内明かさなきゃなんねぇんだよ!

 

 

ふざけんなカス

 

死ね!!

 

 

 

ふと、テレビを見ると

「余命〇ヶ月の人の奇跡の実話をドラマ化」すると宣伝をしていた‥

 

 

 

くだらね‥

 

愛されているの見せびらかしたいだけじゃねーか‥!

 

 

どうせドラマになるのは

誰かしらに愛されてる幸せな奴だけ。

 

 

いいねー!

 

自分の死を悲しんでくれる人がいるってのは!

 

 

 

テレビでは次に

車にはねられ死亡した人のニュースを流していた‥。

 

 

 

ああ‥

 

何で俺‥今日この場にいなかったんだろう‥

 

 

ここにいれば

 

俺が車にひかれて死んでたのに‥。

 

 

 

そうすれば‥テレビの向こうで誰かが

「かわいそうに」って思ってくれるのに‥

 

 

 

彼は彼は涙を流しながら

昔の頃を思い出す‥

 

 

あの頃はよかったなぁ‥

 

 

死にたい‥

 

 

俺みたいな役立たず

生きてる価値なんてない‥。

 

 

 

虚ろな目をして部屋を出る上田さん‥

 

 

 

俺が死んでも誰も悲しまない

 

俺は誰にも必要とされていない  

 

 

俺がいなくても誰も困らない

 

俺の代わりなんていくらでもいる

 

 

 

迷惑だと思われたくない

 

嫌われるのが怖い

 

死にたい

 

今すぐ消えたい‥

 

楽になりたい‥。

 

 

 

彼は警報器が鳴る線路の真ん中に立つのであった‥

 

 

 

そうして彼は「死役所」にやって来たのである‥。

 

 

 

ニシ川さんに呼ばれ、受付をする時

岩シ水くんが彼に声をかける‥

 

 

あの‥

今って、死ねて 嬉しい感じですか?と。

 

 

 

上田さんは、複雑な表情を浮かべ

 

いや‥別に‥。と返事をする。

 

 

 

すると岩シ水くんは

 

嬉しくないんですか?

 

と無神経な事を平気で尋ねるのであった!?

 

 

ニシ川から「あんた何聞いてんの!」

と、また注意され岩シ水くんは、

 

 

 

自分の「人為災害課」ではつらそうな人が多いから

 

「自殺課」は違うかなって‥。

 

 

自分で人生に見切りをつけるって

すごい決断力ですよね?

 

と言うのであった。

 

 

 

それを聞いていたシ村が

 

悲しいのではありませんか?

 

 

必要とされなくて死んだという事は

 

本当は必要とされたかったということですよね?

 

 

 

でも上田さんが死んで悲しむ人はいません

 

 

生きても死んでも悲しいまま‥

 

 

シ村の皮肉たっぷりの言葉に

岩シ水がさらに追い打ちをかけるような事を言う‥!?

 

 

 

それって‥

 

せっかく死んだのに

全然意味ないですね

 

 

望み通り死んだんだから

 

自殺した人って

 

もっと喜んでるかと思ってました。

 

 

 

そう言われ、上田さんはショックを受ける

 

 

 

意味、ない‥!?

 

俺‥死ぬ為に生まれて‥

 

じゃあ何のために生まれて‥

 

この25年

 

何の為

 

何の為‥‥。

 

 

 

上田さん大丈夫ですか?

「成仏課」まで行けます?(ニシ川)

 

 

 

岩シ水くんは、自分がどれだけ

無神経な事を言ったのか分かっていないようだった‥。

 

 

 

上田さんは ぶつぶつと言いながらも成仏したと言う。

 

 

ニシ川に 「人の課で余計なことしないでくれる?」と怒られるのであった。

 

 

しかしニシ川は、

 

自分の意志で死んだくせに

馬鹿シ水(岩シ水)のいう事に

いちいち惑わされないで欲しいとも言うのであった。

 

 

それに対してシ村が

 

自殺する方は自分の意志をコントロール出来ていないことも多いと言う。

 

 

人生には多くの選択肢があるが

 

彼にはきっと

 

自殺という道しか見えなかったのでしょう‥

 

 

 

 

「心理的な視野狭窄ですねと」ニシ川は言う。

 

あの人‥

他人に迷惑かけるのすっごく嫌がってましたからね

 

飛び込みなんて一番迷惑な自殺方法ですけど‥。

 

 

 

大体生きがいがないのが悪いんですよ

 

 

それを聞いていた岩シ水は、思い付いたように

 

 

あのっ‥ 宗教に入るなんてどうですか?

 

 

あれって同じ考えの仲間の集まりなんですよね?

 

きっと楽しいんじゃないですか?

 

と、言うのであった‥!

 

 

 

ニシ川はシ村の顔をチラ見する‥

 

 

シ村は動揺する事も無く

いつもの逆への字のような笑顔だった。

 

 

 

宗教も、生きがいとしては悪くないかもしれないけど

それはそれでまた別の視野狭窄に陥る人も多いと

ニシ川は言うのであった。

 

 

 

 

その頃、この世では‥

 

 

会社の上司が上田さんの症状をネットで調べていた‥。

 

 

上田さんにはウツの人の症状が全て当てはまっていた!

 

 

上司も以前、仕事で上手くいかなくて悩んだ経験があった。

 

その時、周りの人の言葉で救われたと言う‥。

 

 

 

上司は、明日会社に行ったら上田君を飯に誘おう

 

そして、心配してるって伝えて

 

しっかり話聞いて

 

上田君がいないと困るって

ちゃんと伝えよう

 

と思うのであった‥。

 

 

 

 

時すでに遅し‥

もう少し早く彼の異変に気が付き声をかけてあげていれば‥

 

 


この話を読みたいという人には


いつも立ち読みをおススメしているのですが

 

実はこの第43条は試し読み出来ません(>_<)

  

どうしても読みたい!という人には

 

本屋さんで買うか、電子漫画をおススメしています

 

でも、本屋さんだと品切れしてたり
紙が痛んでいたりする時がある‥

 

 

電子書籍なら

本の置き場に困らない

何年経っても劣化しない

本の中身を全部持ち歩ける(重くない)

ナイショの本も買いやすい(笑)

等々、良い事いっぱい!

 

それに、パソコンやスマホが突然壊れても大丈夫!

web上に保管してある為、端末の買い替えや
破損した時でも電子書籍は守られるので安心なんです

 

僕はいつもebookjapanで漫画を読んでいます

 

初めてで手続きが不安だ、という人は

ここをクリックして下さい

 ⇓  ⇓  ⇓

ebookjapan初めての方へ購入や使い方のご案内

 

初めての方へをクリック

 

丁寧に使い方の説明をしていますので安心です。

 

 

「死役所」第27条 シ村さんの迷言&「死役所」の不思議【手羽先とは勝手が違う生身の人間】

今晩は~!
ホラー大好き、でも怖いの苦手な零です(^^ゞ

 

 

今回も、このマンガのキーパーソン

シ村さんの突っ込み処満載の

心に残る迷言?をご紹介します!

 

6巻・第27条 手羽先

 

 

このお話は、同じ会社に勤めている手羽先が大好きな女の同僚に

興味本位で殺されてしまう美人OLのお話です。

 

 

シ村さんの迷言!?

 

 殺人を犯す理由も人それぞれですからねぇ

 

怨恨・金銭目的・衝動・痴情のもつれ

 

それから‥

 

身勝手で理不尽な殺人

 

それによって殺される人‥

 

 

他にはたとえば‥

 

好奇心

 

などもありますね

 

 

死役所の不思議

 

「他殺課」担当の職員、イシ間がいるのに

なぜか「総合案内」のシ村さんがお客様の手続きをしている。

 

 

 

「死役所」5巻・第27条 手羽先は

残念ながら立読みする事が出来ません!

 

内容を知りたい方はこちらをクリック!

 ⇓ ⇓ 

mitehaikenai.hateblo.jp

ナントも不思議なあの世の世界‥

あなたもちょっと覗いてみませんか?

 

「死役所」第25・26条 シ村さんの迷言&「死役所」の不思議【今日の自殺者リストがデータ化されている】

今晩は~!
ホラー大好き、でも怖いの苦手な零です(^^ゞ

 

 

今回も、このマンガのキーパーソン

シ村さんの突っ込み処満載の

心に残る迷言?をご紹介します!

 

6巻・第25・26条 彫刻さん①②

 

このお話は、会社で首切り役人をしていた男が

ある日、自分がリストラされ

 

職が見つからずホームレスになり

 

罪滅ぼしの為にお地蔵さんを作り続けたお話です。

 

 

ニシ川さんの迷言!?

 

 すぐに自殺するか

 

ホームレスになっても生き抜くか‥

 

まあどっちも覚悟が必要だっていう点では

似たようなものですね。

 

 

市役所の広本さんの名言

 

頑張ったところで

見返りなんてないかもしれないけど

 

 

頑張ってみないと

何も変わらないからっ!

 

 

 

シ村さんの迷言

 

自殺も

ホームレスも

拘置所に入るのも

 

 

覚悟を決めるという点では

似たようなものかもしれませんねぇ。

 

 

 

死役所の不思議

パソコンをクリックすると

今日の自殺者リストを見る事が出来る。

 

 

名前、性別、年齢、自殺の内容などがリスト化されている。

 

 

自殺者は中年のおじさんが多い

 

自殺の理由は

 

失業

 

 

 

「死役所」6巻・第25条 彫刻さん①は

ここから無料で立ち読みが出来ますよ!

 ⇓ ⇓ 

死役所 - 無料マンガサイト pixivコミック

 

ナントも不思議なあの世の世界‥

あなたもちょっと覗いてみませんか?

「死役所」第45条 コミック@バンチ9月号発売しましたね!

今晩は~!ホラー大好き、でも怖いの苦手な零です(^.^)

 

「死役所」が連載されている
コミック@バンチ9月号が発売されましたね。

 

 

ナント!今月号の表紙は「死役所」ではないですか~!!

 

パチパチパチパチ(拍手~!)

 

9号には「死役所」の第45条が載っています!

 

書店で立読みしたので、間違っている所も
あるかもしれませんが、チョットだけネタバレです。

 

 

僕はてっきり44条の続きかと思っていたのですが

今回は別の話で、職員の岩シ水くんのお話のようです。

 

 

 

第45条 岩清水直樹① 考えるということ

 

 

「死役所」の職員、岩シ水くんが「他殺課」へやって来た。

 

すると

 

あれ?

 

イシ間さんの席に見知らぬ人が座っていると驚くのである!?

 

 

岩シ水くんは新人のハシ本の事を知らない様子。

 

 

 

しかし、イシ間さんは成仏したから

代わりにハシ本がここの業務を担当しているのだと理解する。

 

 

 

ハシ本に、真面目に仕事を続ければ

いつかは成仏出来ると聞き、

 

 

岩シ水くんは何故か不安げな顔をするのであった‥!?

 

 

 

そして、何故か部屋に鍵をかけて出てこない??

 

 

 

職員のハヤシが、書類が欲しいから出てきてと言うのだが‥

 

嫌です

 

と言うのであった!

 

 

 

そこへシ村さんがやって来た。

 

 

ハヤシが、岩シ水くんはどうして死刑囚になったのかと

シ村さんに尋ねると

 

人を殺したからだと答える。

 

 

それは知っているとハヤシが答える。

 

 

あんな真面目で気の弱そうな岩シ水くんが

何故人を殺してしまったのか不思議がるハヤシ。

 

 

シ村さんは岩シ水くんに尋ねる

 

ハヤシに過去の事を話してもいいかと‥

 

 

 

すると、ドア越しに

 

‥どうぞ

 

と返事が返って来た。

 

 

 

そして、シ村さんは

岩シ水くんの過去を語り始めるのであった‥。

 

 

 

 

幼稚園のお昼の時間になぜか

給食を食べない!?

 

保母さんがどうしたのかと聞くと

 

お父さんが‥

 

と、答える岩シ水くん。

 

 

 

岩シ水くんは幼少の頃から厳格な父親の教育を受けて育った‥。

 

 

 

家ではどんなに父親が遅く帰って来ても食事を食べずに待っていて

 

父親が食べ終わらないと岩シ水くんは食事をする事が許されなかった。

 

 

 

岩シ水くんは父親に

一流の人間になることを小さいころから躾けられ

 

父親の言う通りに小学校から高校まで

ずっと一流の学校へ通っていた。

 

 

 

大学へ行くなら東大しかないと父親に言われ

 

受験をするのだが‥

 

不合格になってしまった。

 

 

塾の先生には東大へ行けるレベルではないと言われ

他の大学を進められるのだが‥

 

 

岩シ水くんは、父親から東大しかないと言われ。

 

 

浪人して次の年も東大を受験する事にするのであった‥。

 

 

しかし、またも不合格‥

 

 

そして次の年も‥

 

 

そんな話を聞いたハヤシは

 

 

岩シ水くんは父親を殺したから

死刑囚になったんだと思ったのだが‥!?

 

 

 

シ村さんは、父親は病気で亡くなったのだど教えてくれた‥。

 

 

 

ある時、岩シ水くんの父親がガンになり入院をする‥。

 

 

 

最期の時、父親は岩シ水くんに

自分の好きなように生きなさいと言われ

困惑するのである!

 

 

 

小さい時から父親に教育され

疑う事なく、父親のいう通りに生活をしていた‥。

 

 

何故なら、自分で何も考えなくても良かったから‥

楽だったと岩シ水くんは言う。

 

 

 

だから、岩シ水くんは「死役所」の職員になっても

自分で判断が出来ず、いつも人に聞くのであった。

 

 

 

 

さて話は戻りますが、

どうして岩シ水くんは部屋に閉じこもって出てこないのでしょうか‥?

 

 

このお話は、来月号に続くようです!

 

 

 

「死役所」最新話を読みたい人は
今すぐ本屋さんへGO-!!

 

でも、近くで売っていない人は
ココをクリックどうぞ!(^^)/
  ↓  ↓  ↓

月刊コミック@バンチ 2017年9月号

 

※死役所9巻は

2017年8月9日に発売予定です!

「死役所」番外編 ハヤシさんの迷言&「死役所」の不思議【ヒーローは困っている人を見過ごさない】

今晩は~!
ホラー大好き、でも怖いの苦手な零です(^^ゞ

 

 

今回も、このマンガのキーパーソン

シ村さんの突っ込み処満載の

心に残る迷言?をご紹介します!

 

5巻・番外編 ヒーローごっこ 

 

このお話は、仮面ヤンダーの俳優、ヒョウカワさんに憧れ

 

自分もヒーローになろうとした少年のお話です。

 

 

ハヤシさんの迷言!?

 

生まれ変わったら‥

本当のヒーローになれる?

 

 

そう聞く少年が、溺れそうな猫を助け

死んでしまった事を知ったハヤシは

 

 

童(わっぱ)、とっくに本当のヒーローだったのね

 

と答えるのであった。

 

 

 

少年の口癖

 

ヒーローは困っている人を見過ごさないのだ!

 

 

これは、憧れの俳優、ヒョウカワさんに

ヒーローにはどうしたらなれるのか聞いた時、言われた言葉だった‥。

 

 

それを真面目に実践し、死んでしまった少年‥。

 

 

もしあの時ヒョウカワさんに出逢わなければ‥

 

なんとも複雑なお話です。

 

 

 

「死役所」の不思議

 

その① 「生活事故死課」は4階にある。

 

 

その② 「成仏課」には」「成仏の扉」という

大きな観音開きの扉がある。

 

手続きが済むとここを通って

天国に行って生まれ変われると言う。

 

悪人は地獄行きである。

 

 

 

その③ 自分の命を捨てて他の命を助けた時に書く書類

 

「挺身申請書」がある。

 

 

 

 「死役所」5巻・番外編 ヒーローごっこ は

残念ながら立読みする事が出来ません!

 

話の内容を知りたい方はここをクリック!

 ⇓ ⇓ 

mitehaikenai.hateblo.jp

 

ナントも不思議なあの世の世界‥

あなたもちょっと覗いてみませんか?

「死役所」第24条 シ村さんの迷言&「死役所」の不思議【 ご遺体はきっと動物にでも食べられていますよ!】

今晩は~!
ホラー大好き、でも怖いの苦手な零です(^^ゞ

 

 

今回も、このマンガのキーパーソン

シ村さんの突っ込み処満載の

心に残る迷言?をご紹介します!

 

5巻・第24条 命の放送

 

このお話は、ネットで動画配信をしていた正野という男が

ある日、肝硬変という病気になり

 

その状況を死ぬ間際まで生配信し続けたお話です。

 

 

 

シ村さんの迷言!?

 

「他殺課」担当のイシ間が、

お客様に書類をぶちまけられ怒っていた!

 

 

その原因は‥

 

 ご遺体はきっと動物にでも食べられていますよ!

 

 

と言う、シ村さんの余計な一言だった‥

 

 

 

 

そして、またやかましいお客様がやって来た時、担当の職員から

 

 

おいシ村、余計なこと言ったら殺すぞ

 

と、注意されシ村さんは

 

 

わかりました

 

もう死んでますけどね

 

と、答えていた(笑)

 

 

 

 

「死役所」の不思議

下のフロアを見渡せる場所がある。

 

 

 

「死役所」5巻・第24条 命の放送は

残念ながら立読みする事が出来ません!

 

内容を知りたい方はこちらをクリック!

 ⇓ ⇓ 

mitehaikenai.hateblo.jp

ナントも不思議なあの世の世界‥

あなたもちょっと覗いてみませんか?