読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「しやくしょ」それはあの世とこの世の境界線

【漫画】死役所のネタバレや感想を書いてます

「死役所」2巻 第6条 腐ったアヒル① ネタバレ 【目の見えない漫画家】

「死役所」2巻

今晩は~!
ホラー大好き、でも怖がりな零です(^^ゞ

 

 

今日は「死役所」2巻 第6条 腐ったアヒル①をご紹介します

 

 今回のお客様(死者)はこの表紙の彼
塙という売れない漫画家です

          ⇓

 

先に読んでみたい!というまだ生きている貴方は!?
ここをクリックすると立読み出来ますよ!

  ⇓  ⇓ ⇓

「死役所」2巻を立ち読みする

 

 

第6条 腐ったアヒル①

 

20年近く漫画家を目指している塙だが
泣かず飛ばすで31歳になっていた

 

 

そんな時、出版社から作画の話が持ち上がる

 

 

戸川アランという元放送作家が書いた小説で
「バイク少年の荷物は腐ったアヒル(仮)」
という変なタイトルの話だった‥

(後にアヒルロードというタイトルで出版される)

 

 

塙は、自分の世界感とは違うと断ろうとするが

 

 

編集者は「大丈夫!大丈夫!これで売れたら
次は自分の作品描けば言いワケだし」と言われ

 


塙は、しぶしぶ作画を引き受ける事に

 

 

どうしてこんな変な話を
作家が思いついたのかを編集者に聞いた所

 

 

バイクに乗っていた時ひらめいたと聞き
自分も何かアイデアがひらめけばと
バイクに乗るようになった

 

 

そんなある日、追い越しをして来た車とぶつかり
塙は事故にあってしまう

 

 

気が付いた時には、首にコルセット

目にはグルグルと包帯を巻かれて
病院のベットの上に寝ていた

 

 

そばにいた編集者の直入(なおいり)さんから

 

事故の衝撃で眼球をやられて
右目は完全にダメで、左目も殆んど‥


「もう、漫画書けないんだよ」と告げられるのだった‥

 

 

このお話は第7条に続きます

 

この第6条はここをクリックすると
登録無しで無料で立読み出来ますよ!

 ⇩ ⇩ ⇩

「死役所」2巻の立読み出来ます