「しやくしょ」それはあの世とこの世の境界線

【漫画】死役所のネタバレや感想を書いてます

「死役所」6巻 第29条 愛する人② ネタバレ 【ニシ川の過去】

今晩は~!ホラー大好き、でも怖いの苦手な零です(  ⁻ v  ⁻ )

 

今日も「死役所」6巻を読んでみました

6巻はこのお話でおしまいです

 死役所 6巻 (BUNCH COMICS)

前回の第28条愛する人①の続きです 

第29条 愛する人 ②

 

ニシ川は生前、連続殺人事件を起こしていた

 

 

あれから3年の月日が過ぎ、西川被告は
控訴せず死刑が確定されたのだった

 

 

西川の殺害の動機は一貫して「殺したかったから

 

口を裂いたのは「そうしたかったから」だった

 

 

妙子は夫が殺害された事で、心が病んでしまい

 

手首を切って自分も死のうとしたが、死にきれずにいた


心療内科で薬を処方され

 

自分と同じような境遇の人の集まりに出席し
少しずつ平常心を取り戻していった

 

 

月日が流れ、テレビのニュース速報で
西川死刑囚の死刑執行を知るのであった

 

 

それから息子が結婚し、孫も生まれ
妙子は心臓疾患で死んだのだった

 

 

 

「死役所」にやって来た妙子は

 

どうして夫を殺した女のもとで

手続きをしなければならないのか納得がいかない

 

 

それに対してシ村は

「罪人とはいっても死刑執行されたことで刑は全うされておりますし、

そう気にされなくとも‥」と言い、続けてこんな話をするのであった‥

 

先日、「死役所」の男性職員(ハヤシ)が私の所に来て
「反省したい」と言ってきました

 

 彼は相手を憎んでいました

 

ですから殺されて当然という思いが強く

生前は自戒の気持ちが全くなかったようです

 

 

しかし、ここで働き、他者とふれあうことで


彼の心に変化が表れました

 

彼は今、時間をかけて自分自身と向き合っているところなのだと

 

 

職員が死刑囚に限定されているのは、その辺にあるのではないかとシ村は言う

 

 

妙子は西川に死んで償ってほしいと思うと同時に
心から反省してほしいと願っていたと

 

 

シ村は妙子にニシ川に会って行きますか?と

 

 

シ村はニシ川に
「ニシ川さんが殺害された方のご遺族がいらっしゃいましたよ」


「心臓病死課」にご案内しましたと伝える

 

心労がたたって病気になられたんですかねぇ

ニシ川さんの間接的殺人ということになるのですかねぇ?と、嫌味を言う

 

ニシ川は「よくああも嫌味が言えるもんですよね自分だって人殺しのくせに」と

 

 

それを聞いていたイシ間から、シ村は

冤罪で死刑になったのだと聞かされる

 

 ニシ川は、シ村の過去を自分で調べることにしたのであった

 

 

 

ニシ川は殺害した時の事を思い出す‥

 

妙子の夫、繁之と山林を歩いている

 

「ねえ今、幸せ?」

 

「そうだなぁ、君といる時が俺は一番幸せだよ」

 

そう言うと繁之は缶コーヒーをグイッと飲むのであった

 

「ふぅん、じゃあ、幸せなうちに殺してあげる‥」

 

幸せなんだから笑いなさいよ‥」

 

そう言いながら、無表情で、倒れている繁之の

口をハサミで切り始めるのであった‥!!

 

 

ニシ川はどうしてこんな事をしたんだろう!?

早く真相が知りたいですね!

 

「死役所」はebookjapanから読む事が出来ます
登録料や、月会費等も無料なので安心して利用する事が出来ますよ!


登録方法がこちらにまとめてありますのでクリックをどうぞ
  👇
マンガ読むならebookjapan


それでは今夜も楽しいマンガライフを~!