読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「しやくしょ」それはあの世とこの世の境界線

【漫画】死役所のネタバレや感想を書いてます

「死役所・総合案内」職員 シ村のプロフィール

今晩は~!ホラー大好き、でも怖いの苦手な零です(^^)

 

 

とりあえず現在発売されている6巻までのネタバレを
ご紹介しましたが、7巻発売までもう少し時間があるので
「死役所」職員のプロフィールをご紹介することにしました

 

 

市村(シ村)は生前、4巻の第16条の話に出てくる
杉という刑務官のいる拘置所で死刑囚として服役していた

 

 

市村は服役している時から、物静かで、
どこか無機質で、不気味で人間臭さに欠けていた

 

 

市村は実は冤罪(無実の罪)で、殺人などしていなかった

 

 

冤罪の場合、成仏できるのだが、あえて死役所にとどまっている
謎に包まれた人物なのである

 

 

「死役所」の職員となったシ村は

  •  黒髪で七三分け
  • 黒縁メガネ
  • 黒いスーツ
  • 口はⅤ字のような形で
  • 目が糸のように細く、ニンマリとほほ笑んでいる

(この絵のように)
  ⇓ ⇓

    

 

小さい時から目が悪く、生前からメガネを掛けているが
髪型は七三分けではなかった

 

生前の市村の姿はこちら
  ⇓ ⇓

 

口癖は「お客様は仏様ですから」

 

 誰に対しても平等に接するのだが、時々わざとなのか
死んだ人に大事な事を伝えなかったりする時がある

 

 

その事をニシ川から突っ込まれると

 

「聞かれませんでしたので」

 

と、答える所が何ともお役人的なのである

 

 

真面目な性格なのかと思えば、時にはユーモアのある事も言う

 

しかし、その殆んどがブラックジョークか皮肉なのである

 

ニシ川にはたまにイヤミな事を言うのだが、周りからは仲良しだと思われている

 

 

身勝手な殺人者に対しては非常に冷たく

何時もの顔と違う一面を見せる

 

死について、恐ろしい程、核心をついてくるのである

 

 

これから発売する7巻にはシ村の奥さんが登場するらしいですよ!

 

 

早く続きが読みたいですね!

 


僕はいつも電子書籍でマンガを読んでいます
特にebookjapanが気に入っています

 

なぜなら、一度購入したマンガは登録解除しない限り
ずーっと保存して読むことが出来るからです

登録料や、月会費等も無料なので安心して利用する事が出来ます


登録方法がこちらにまとめてありますのでクリックをどうぞ
  👇
マンガ読むならebookjapan

 

それでは今夜も楽しいマンガライフを~!