読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「しやくしょ」それはあの世とこの世の境界線

【漫画】死役所のネタバレや感想を書いてます

「死役所・生活事故死課」職員 ハヤシのプロフィール

「死役所」職員の紹介

今晩は~!ホラー大好き、でも怖いの苦手な零です(^^)

 

 

今回は、「死役所」の生活事故死課に
勤務しているハヤシの紹介です

 

 この木刀を持っている彼です☟

 

生前の本名は林 晴也(はるなり)

 

父母と姉の四人家族だったが、母は林が幼い頃、他界している

 

 

林は小学生の頃、昔役者をしていた父方の祖父の家で
よくチャンバラごっこをして遊んでいた

 

後に結婚するまりあとはこの頃から一緒に遊んでいた

 

しかし林が中学校の時に祖父は病気で他界する

 

葬儀の時に、自分の本当の父親が、祖父だった事を知る

 

その後、幼なじみのまりあと、できちゃった結婚をするが

 

ある日、まりあと同じ職場だった男が家に来て
まりあと別れて欲しいと言い出す

 

実はその子供は、林との間の子供ではないと告げられ

 

怒りのあまり、3人を殺害してしまうのであった

 

 詳しくは5巻の第21~23条に書いていますので
こちらからクリックして読んでみて下さい

 ⇓ ⇓ ⇓

5巻・第21条

5巻・第22条

5巻・第23条

 

 

そして死刑囚となって「死役所」に来る

 

 今風な青年で、カジュアルな恰好をしている

 

ジャケットの下にTシャツを着て、スニーカーを履いている

 

 

ハヤシは死んだ人の持ってきた漫画をコレクションするのが好きで

自分のロッカーを本棚代わりにして沢山並べている

 

 

漫画の中にはべっとり血が付いているものもあり
ページとページがくっついて読みにくい時もあると言う

 

ミーハーな性格で、芸能人が「死役所」に来たら
サインをもらいたいから教えてくれと言う

 

 

ハヤシは今でも3人を殺したことを後悔していない

 

しかし、心の中にモヤモヤとした気持ちがあり

 

反省したいけれど、どうしたら良いのか分からないと言う

 

しかし「死役所」の職員として働き、人と接する事で
徐々に林の心に変化が表れるのであった

 

 

僕はいつもスマホでマンガを読んでいます
特にebookjapanが気に入っています

 
何故なら、パソコンやタブレットでも読む事が出来るからです
さらに「トランクルーム本棚」という所にダウンロードすれば
インターネット環境が無い所でも読む事が出来ます


ここをクリックすると動画で詳しく説明してくれるので
安心して登録することが出来ますよ
  👇
マンガ読むならebookjapan