読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「しやくしょ」それはあの世とこの世の境界線

【漫画】死役所のネタバレや感想を書いてます

「死役所」第40条 コミック@バンチ4月号発売しましたね!

今晩は~!ホラー大好き、でも怖いの苦手な零です(^.^)

 

「死役所」が連載されている
コミック@バンチ4月号が発売されましたね!

 

4月号には「死役所」の第40条が載っています。

 

書店で立読みしたので、間違っている所も
あるかもしれませんが、チョットだけネタバレです。

 

 

 第40条 託す

 

職員のイシ間に辞令が出て、少年と一緒に成仏した。

 

その後、新人のハシ本は、イシ間がいた席に移動した。

 

フシ見はやはり隣に誰かいるのは落ち着かないらしい。

 

それに、ハシ本にまた何かされるかもしれないと
距離を置きたいらしいのだ。

 

 

机にはイシ間が置いて行った名札があった。

 

どうしたらいいか分からないハシ本にシ村が、
自分が貰うと言い、名札をスーツの内ポケットにしまう。

 

 

シ村が「死役所」の廊下を歩いていると
向こうから、今まで見た事のない男の職員がやって来て

 

シ村に真ん中を歩くなとか

いつものにやけた笑い顔を注意する。

 

そして、イシ間が少年と一緒に成仏したと聞くと

あまい奴だったと悪口を言い、去って行った‥。

 

 

その頃、この世では‥。

 

介護老人ホームで、患者さんが
中年の女性の介護士があまり好きではないらしく

 

若い男性の介護士を指名する。

 

 

しかし、その若い男の介護士は、
他の患者さんの世話で忙しいからと断るのだが‥

 

 

その中年女はご指名なんだから
行って世話をしろと仕事を押し付けるのだ。

 

 

そして、休憩中に他の職員とその患者さんの悪口を言い始める‥。

 

 

今より強い薬を飲ませれば、少しは大人しくなるのに‥と。

 

 

自分の身内に痴呆患者がいたらそうすると。

 

 

しかし、実はその女の母親は痴呆が進んでいて
何を言っているのか分からない。

 

猫のエサの缶詰を、そのままガスコンロにのせ
火を付けようとしたり、目が離せない状態だった。

 

 

自分が仕事に出ている時、
デイサービスの人に来てもらっていたのだが

 

色々と言われ、怒った女は
デイサービスを頼むのを辞めるのだった。

 

 

しかし、施設に入れようと色々と
調べてみたもののお金が掛かる‥。

 


姉妹に頼もうと電話をすると
介護士の資格を持っている自分が仕事を辞めて

 

母を看るのが一番良いと言われるのだった‥。

 

 

‥という感じのお話で、来月号へ続く様子です。

 

 

今まで、一度も出てきた事の無い

ベテランの職員が登場しました!

 

この職員がこの話にどんな関りを持つのか気になります!

 

 

「死役所」最新話を読みたい人は
今すぐ本屋さんへGO-!!

 

でも、近くで売っていない人は
ココをクリックどうぞ!(^^)/
   ↓  ↓  ↓
コミック@バンチ 2017年 04 月号 [雑誌]

 

※死役所8巻 3月9日発売です!