読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「しやくしょ」それはあの世とこの世の境界線

【漫画】死役所のネタバレや感想を書いてます

「死役所」第41条 コミック@バンチ5月号発売しましたね!

今晩は~!ホラー大好き、でも怖いの苦手な零です(^.^)

 

「死役所」が連載されている
コミック@バンチ5月号が発売されましたね!

 

 5月号には「死役所」の第41条が載っています。

 

書店で立読みしたので、間違っている所も
あるかもしれませんが、チョットだけネタバレです。

 

 

第41条 託す②

 

このお話の主人公の中年の女は介護の仕事を辞め、

自宅で自分の母親の世話する事にした。

 

 

母親は痴呆が進んで目が離せない状態だった。

 

 

オシッコが出ると言って
夜中に何度もトイレに起こされるのだが

 

トイレに連れて行くと全然出ない。

 

そして寝ている最中にお漏らしをしてしまうのだった。

 

 

自分は以前、施設で何人もの老人を相手に仕事をしていた

介護のプロだ。

 

今は母親1人だけを介護している。

 

だから楽だと思っていた‥。

 

しかし、毎日こんな事の連続で
寝不足と疲労が重なり

 

 

睡眠薬が効いていないのかと、気が付くと

無意識に大量の睡眠薬を
ケースから出していた‥!!

 

 

我に返り、自分のしようとしていた事に
ゾッとするのであった‥。

 

 

1人での介護に限界を感じ

母親を連れて施設の見学に行くのだった‥。

 

 

すると、その施設には、以前一緒に働いていた女性がいた!

 

前の施設を辞めて、今はここで働いていると言うのだった‥。

 

自分の考え方に合っている施設だから、お勧めだと言うのだが‥

 

 

その施設の老人たちを見ると、皆大人しく、元気がなく
殆ど寝ているような感じだった。

 

多分、多量の薬を飲まされているのだろう‥。

 

 

その施設の老人たちを見て娘は

 

母をここに入居させたら

笑う事も無くなるのではないかと思うのであった‥。

 

 

施設に入れる事を辞め、再び介護の毎日を送る日々が続き‥。

 

 

母親の、何を言っているのか分からない
叫ぶような声を近所の人達が聞き、家にやって来た!

 

そして虐待をしているのではないか?と言われ

 

激怒した娘は何も言わずに玄関の戸を乱暴に閉めるのだった‥。

 

介護に疲れ切ってしまった娘は母に

 

一緒に死のう‥と言うのだった‥!?

 

そして、母親の首に手をかけ‥‥

 

 

悲しずぎる結末が‥!!

 

 

 

「死役所」最新話を読みたい人は
今すぐ本屋さんへGO-!!

 

でも、近くで売っていない人は
ココをクリックどうぞ!(^^)/
   ↓  ↓  ↓

コミック@バンチ 2017年 05 月号 [雑誌]

 

※死役所9巻は、2017年の夏に発売予定です!