「しやくしょ」それはあの世とこの世の境界線

【漫画】死役所のネタバレや感想を書いてます

「死役所」第44条 コミック@バンチ8月号発売しましたね!

今晩は~!ホラー大好き、でも怖いの苦手な零です(^.^)

 

「死役所」が連載されている
コミック@バンチ8月号が発売されましたね!

 

 

 

8月号には「死役所」の第44条が載っています。

 

書店で立読みしたので、間違っている所も
あるかもしれませんが、チョットだけネタバレです。

 

 

第44条 隠しごと

 

小見という62歳の保険外交員の主婦が今回の主人公です。

 

 

 

小見は会社に息子の海外旅行のお土産だと

高級そうなチョコレートを皆に配る。

 

 

 

30代の息子がまだ独身だと聞き

会社の同僚の娘との見合い話を勧められるのだが

 

 

小見は、息子はしょっちゅう海外に出かけ

いつ帰って来るのかわからないからと

縁談話をやんわりと断るのであった‥。

 

 

 

小見は家に帰り、夕飯の支度をしている時

 

頭が急にズキズキと痛み出した‥!

 

 

 

救急車を呼ぼうとスマホから電話を掛けようとする。

 

 

しかし、救急車を呼ぶことに躊躇していた‥。

 

 

 

そうしているうちに小見は

 

 

倒れてしまった!!

 

 

 

 

その頃死役所では‥

 

 

 

他殺課のフシ見が新人のハシ本を

使えない奴だとシ村にぼやいていた。

 

 

 

フシ見は、シ村はいつも暇そうにしているから

ちゃんと新人の教育係をしてくれと言うのであった。

 

 

 

シ村が壁に向かって立ち尽くしているハシ本を見つけた。

 

 

 

そんな時、死役所に新しいお客様がやって来た‥。

 

 

 

それは小見だった‥!

 

 

 

本日はどうされましたか?

 

 

 

小見は、頭が痛くなってそのまま倒れたらしいと答えた。

 

 

 

シ村はそれを聞いて小見を

「脳卒中死亡課」へと案内するのであった。

 

 

 

違う部署だが、する作業は同じだと

シ村はハシ本に手伝いをさせるのであった。

 

 

 

小見のデータをパソコンで検索するハシ本。

 

 

フリーズするハシ本!?

 

 

 

シ村は小見に、海外赴任中の息子の他に

もう1人息子がいるのかと聞く!?

 

 

 

慌てる小見。

 

 

 

実は小見の息子は海外赴任なんかではなく

同じ家に一緒に暮らしていたのだ!?

 

 

 

 

引きこもりで

 

9年間も自分の部屋から

一度も出た事が無かったのである!!

 

 

 

 

息子の食事は小見が作り

部屋の前ドアに置いていた。

 

 

 

 

息子はトイレには行かず

水を張ったバケツで用を足していた!!!

 

 

 

それを小見が毎日トイレに流していたのだ。

 

 

 

小見はシ村に、息子をよく9年間も放っておきましたね?と言われ

 

 

 

小見は最初は努力して

何とか息子に部屋から出るように説得していたという‥

 

息子を放ったらかしにはしていないと‥。

 

 

 

 

それを聞いていたハシ本が

突然怒りの表情を浮かべ立ち上がった!?

 

 

 

シ村に止められハシ本は呪文のように

 

 

お客様は仏様です

お客様は仏様です

お客様は仏様です

お客様は仏様です

 

と何度も言い、平常心を保つのであった‥。

 

 

 

小見は、自分が死んで世話をする人がいなくなれば

 

 

息子は改心してひきこもりを止めるのではないかと言うのだが‥

 

 

 

 

息子は食事や排泄物の処理をやってくれなくなっても

部屋から出る事は無く

 

 

ずーっとパソコンでチャットをし続けていた。

 

 

 

母親が倒れて死んでいる事にも気付かずに‥。

 

 

 

ハシ本はシ村にどうしていつも笑っていられるのか聞いた。

 

 

するとシ村はこう答えるのであった‥

 

 

笑っていればたいがいの事は騙せる

 

他人も、そして

 

自分自身も‥

 

 

 

「死役所」最新話を読みたい人は
今すぐ本屋さんへGO-!!

 

でも、近くで売っていない人は
ココをクリックどうぞ!(^^)/
  ↓  ↓  ↓

コミック@バンチ 2017年 08 月号 [雑誌]

 

※死役所9巻は、2017年の夏に発売予定です!