「しやくしょ」それはあの世とこの世の境界線

【漫画】死役所のネタバレや感想を書いてます

「死役所」第2条 シ村さんの迷言&「死役所」の不思議【身を挺して助けるって そんなにいいものでもありません】

今晩は~!
ホラー大好き、でも怖いの苦手な零です(^^ゞ

 

 

今回も、このマンガのキーパーソン

シ村さんの突っ込み処満載の

心に残る迷言?をご紹介します!

 

 1巻・第2条 命にかえても

 このお話は、23歳の女性(この表紙の顔が半分しかない女性です)が

前科がある為、仕事にありつけず

公園でうなだれていた時、知らないおじさんから

お弁当をもらうことから始まります。

 

 

そのおじさんは工場の社長さんだった。

 

女性はそこで働かせてもらえることになった。

 

その工場で働いている人達は、みんなあの公園で拾われたと言う。

 

社長は困っている奴ならだれでも拾ってくるんだと‥。

 

社長は彼女の前科の事を全然聞かずに働かせてくれた‥。

 

彼女は社長の事をすごくいい人だと思っていた‥。

 

 

「死役所」1巻 第2条 命にかえても ネタバレ

 

 

シ村さんの迷言!?

 

 

その① 

助けた方も助けられた方も苦しむものですからね。

 

助けられた事による罪の意識で

自殺する方もいらっしゃいますし

 

 

身を挺して助けるって

そんなにいいものでもありません

 

 

 

 

 

「死役所」の不思議

 

その① 

申請書の提出はお客様が拒否しても

条例で決められている為、提出しなければならない。

 

 

この話の女性は工場の社長を身を挺して助けた事で死んだ‥。

 

 

しかし、助けた事を後悔している為

「挺身申請書」を書きたくないと言う‥。

 

 

自分より老い先短いような人を

何で私が助けなきゃいけなかったのって‥

 

 

あの時ほっとけばよかったって

 

 

こんなこと考えてる自分が嫌で‥

 

命をなげうって助けたなんて

 

おこがましすぎる‥

 

 

だから書きたくないと言うのだった!

 

 

 

‥しかし、このお話の結末を見ると

社長を助けなければ良かったのに‥

と思うサスペンスドラマの様な話なのです!

 

 

彼女の死は無駄死にだったから

 

シ村さんは、身を挺して助けるって

そんなにいいものでもない‥と言ったのだろう‥。

 

 

 

ナントも不思議なあの世の世界‥

あなたもちょっと覗いてみませんか?

 

 

「死役所」1巻の第2条命に変えてもは

ここから無料で立ち読みが出来ますよ!

 ⇓ ⇓ 

死役所 - 無料マンガサイト pixivコミック