「しやくしょ」それはあの世とこの世の境界線

【漫画】死役所のネタバレや感想を書いてます

「死役所」第3・4条 シ村さんの迷言&「死役所」の不思議【職員はみんな死刑囚だった!】

今晩は~!
ホラー大好き、でも怖いの苦手な零です(^^ゞ

 

 

今回も、このマンガのキーパーソン

シ村さんの突っ込み処満載の

心に残る迷言?をご紹介します!

 

 1巻・第3・4条 あしたのたし①②

 このお話は、母親から虐待されて死んでしまった
幼稚園児の女の子のお話です。

 

 

「死役所」1巻 第3条 あしたのわたし① ネタバレ

 

「死役所」1巻 第4条 あしたのわたし② ネタバレ

 

シ村さんの迷言!?

 

その① お年寄りはどんどん死ねということですね?

 

「他殺課」担当の、子供好きの職員、イシ間さんが

「年寄り相手がいいよなーやるせねーぜ子供相手はよ」

という言葉に対して言った言葉。

 

 

「極端な解釈すんなよ」とイシ間さんに怒られる。

シ村さんはいつも一言余計なのだ(笑)

 

 

 

 

その② ただの洗脳でしょう

 

殺されても母親をかばう少女に対してイシ間さんが

「あれが愛ってのかいね?」と言った言葉に対して答えた言葉。

 

 

 

 

「死役所」の不思議

 

その① シ村さんは本人の希望で「総合案内」に配属された

 

「総合案内」は一番忙しく、面倒臭い係なのになぜ?

 

イシ間さんは、シ村さんが誰相手でも平等に対応できるからすごいと言う。

 

 

 

その② 子供や殺された人は結構早く生まれ変われる

 

 

その③ 「老衰課」と「死産課」が同じフロアにある

 

 

 

その④ 死刑にならないと「死役所」の職員にはなれない

 

ここの職員はみんな死刑囚だったって事?

いったいどんな理由で犯罪を犯してしまったのだろう‥。

 

 

 

 

ナントも不思議なあの世の世界‥

あなたもちょっと覗いてみませんか?

 

 

「死役所」 1巻・第3・4条 あしたのわたし①②は

ここから無料で立ち読みが出来ますよ!

 ⇓ ⇓ 

死役所 | コミックバンチweb