「しやくしょ」それはあの世とこの世の境界線

【漫画】死役所のネタバレや感想を書いてます

「死役所」第5条 シ村さんの迷言&「死役所」の不思議【死刑囚は死んだ後でも働かされる】

今晩は~!
ホラー大好き、でも怖いの苦手な零です(^^ゞ

 

 

今回も、このマンガのキーパーソン

シ村さんの突っ込み処満載の

心に残る迷言?をご紹介します!

 

 1巻・第5条 働きたくない

 このお話は、何もしないで稼げる仕事はないかと思っている26歳の男性が

週刊誌の記事がきっかけで犯罪を犯してしまうお話です。

 

シ村さんの迷言!?

 

その① クズが、永久に彷徨ってろ!

 

死刑囚になりたくて、わざと子供を5人も車で引き殺した男が

自分はすごい、よくやったと褒めた事に対して

「武勇伝のおつもりですか?」と、いつもは見せないような

怒りの表情で放った言葉。

 

 

「死役所」の不思議

 

 

その① 「死刑課」には所属の職員がいない

 

 死刑の執行はそんなに頻繁にあるものではないので

他の課の職員が代わりに受付を行っている。

 

「死刑課」の部屋は、お客様のファイルの保管庫。

 

 

 

その② 死刑囚はすぐに成仏出来ない。

 

「死役所」の職員になる採用試験

受けなければならないと条例で決まっている。

 

 

採用試験を辞退すると

何もない真っ暗な道で彷徨い続ける

 「冥途の道」行きになる。

 

 

 

ナントも不思議なあの世の世界‥

あなたもちょっと覗いてみませんか?

 

 

 

「死役所」 1巻・第5条 働きたくないは

実は立読み出来ません!?(>_<)

 

内容を知りたい人はココをクリック!

 ⇓ 

mitehaikenai.hateblo.jp