「しやくしょ」それはあの世とこの世の境界線

【漫画】死役所のネタバレや感想を書いてます

『最新刊』「死役所12巻」第57条 夜ノ目町爆弾事件①ネタバレ【冤罪‥ですか?】

今晩は~!ホラー大好き、でも怖いの苦手な零です(^.^)

 

今日も貴方を不思議な世界にお連れします(⁻ ⅴ ⁻) 

 

待ちに待った12巻発売しましたね! 

 

このお話は実家の牛乳配達を手伝っていた男が

爆弾事件の犯人にされてしまったお話です。

  

 

第57条 夜ノ目町爆弾事件①

 

金子行亮(かねこいくあき)という若い男は

実家の仕事を手伝い牛乳配達をしていた。

 

 

しかし、あまりやる気が無いようで

父親から注意をされていた。

 

 

そんな時、警察官がやって来て行亮 に

17日の夜、ケンカして相手に怪我をさせただろ?と

署まで同行するよう命じた。

 

 

行亮はケンカをしたことを謝った。

 

そして警察は、近所でおきた

爆発事件の事を知っているかと聞いてきた。

 

 

そして

「お前がやったんじゃろうお前がやったんじゃ!」

と一方的に行亮を犯人扱いした。

 

 

「知らん。ワイはやっとらん」

そう行亮は言うのに警察は

 

事件の前の日に被害者宅の家へ牛乳配達していた事を指摘し

 犯人だと決めつけ、家に帰さなかった。

 

 

そして警察は行亮の家族の事を言い始めた。

 

父親や姉、妹も早く罪を認めろと言っていると。

 

そして兄さんも‥と言うと

行亮はピクッと反応した。

 

 兄が

「やったことは仕方ないんだから

早く罪を認めてほしい

お前には生きていてほしい」

と言っていたというのだ。

 

それでも行亮はやっていないと

容疑を否認し続けた。

 

 

しかし、ある日行亮は

 

「ワイが、やりました」と、自供した。

 

 

 

そして裁判所で行亮は自供をし始めた‥

 

  

 

金子は家業の牛乳配達をする前工場で仕事をしていたのだが

 

 短気な性格もあって、少し馬鹿にされただけでカッとなり

 

何度も工場でケンカをし工場の仕事を辞めていた。

 

 

 

その後、2ケ月、仕事もせずに家でプラプラとしていたが

 

父親から働くように言われ渋々牛乳配達を手伝い始めた。

 

 

 

渋々やっているから楽しいわけが無かった。

 

 

だから、配達が遅れる事もよくあったという。

 

 

そんな時、被害者の鈴原さんから

 

「真面目に仕事せぇ」と注意を受けた。

 

 

 その言葉に腹が立った行亮は

 

殺しちゃろう

と考えた‥。

 

 

 

工業高校出身で知識があった行亮は

茶筒爆弾を作り、被害者の玄関先に爆弾を置いたという。

 

 

 

そして、鈴原さんは爆発に巻き込まれて亡くなった。

 

 

 

行亮の判決が言い渡された。

 

 

無期懲役

 

 

 長い服役を終え、行亮は仮釈放となり

兄と2人で酒を酌み交わすのであった。

 

 

  

そんなある日、行亮は「死役所」へやって来た‥

 

 

 

シ村さんが手続きを行った。

 

 

 

金子は肺炎で亡くなったようだ。

 

 

 

シ村さんがPCで金子のデーターを検索し

つぶやく‥

 

 

「冤罪‥ですか?」‥と!?

 

 

行亮は生前、どうして自分が犯人だと言ったのか?

 

誰をかばったのか‥。

 

 

このお話は58条に続きます。

 

 

  「死役所12巻」無料で立読みはこちら