「しやくしょ」それはあの世とこの世の境界線

【漫画】死役所のネタバレや感想を書いてます

『最新刊』「死役所12巻」第57・58条 シ村さんの迷言&お客様の心の叫び「死役所」の不思議【ワイは死んだ今でも犯罪者のままじゃ】

今晩は~!
ホラー大好き、でも怖いの苦手な零です(^^ゞ

 

今回も、シ村さんの突っ込み処満載の

心に残る迷言?をご紹介します!

   

 第57・58条 夜ノ目町爆弾事件①②

 

 このお話は、無実の罪をなすりつけられ

犯罪者のまま死んだ男性のお話です。

 

「死役所」の不思議

死役所は何階まであるの?

 

シ村さんは「肺炎病死課」に今回のお客様を案内し、手続きを行った後

席を外したのか?その後上の階から階段で降りて来た。

 

そしてお客様に「成仏許可書は受け取られましたか?」と尋ね、

受け取った事を確認すると

 

「では、あちらの階段を降りて右に行きますと「成仏課」がありますのでそちらで提出されてください」と言った。

 

この会話から、死役所は少なくとも3階はあるという事が分かった!?

 

 

シ村さんの迷言!?

 

真犯人は今頃何事も無かったように暮らしているんですかねぇ

 

もしくは‥

 

そんな事件を起こした犯人です

他の事件を起こして死刑になっているかもしれませんね。

 

 

お客様の心の叫び

 

お前さんも冤罪被害者なのか?

 

じゃけぇワイの気持ちがわかるんか?

 

お前さんも苦しんだか?

 

話してくれんか?

 

ワイはずっと仲間が欲しかった‥

 

ワイは死んだ今でも犯罪者のままじゃ

 

聞きたいんじゃ、分かち合いたいんじゃ

 

同じ境遇の人間がおったということは

それだけで救いになる

 

聞かせてくれ‥。

 

 

そう言われ、シ村さんは

 

「私の話など面白くありませんよ」と言いながらも

 

「では少し、昔話でもしましょうか‥」

 

と、語り始めるのであった‥。

 

 

「死役所12巻」無料で立読みはこちら

 ※「死役所13巻」は2019年春、発売予定です。