「しやくしょ」それはあの世とこの世の境界線

【漫画】死役所のネタバレや感想を書いてます

「死役所」第28・29条 シ村さん・ニシ川さんの迷言&「死役所」の不思議【殺した相手の家族なんて、みんな透明人間ですよ‥いないものと同じです】

今晩は~!
ホラー大好き、でも怖いの苦手な零です(^^ゞ

 

 

今回も、このマンガのキーパーソン

シ村さんの突っ込み処満載の

心に残る迷言?をご紹介します!

 

6巻・第28・29条 愛する人①②

 

 

このお話は、「死役所」の職員、ニシ川が殺した男の妻が病気で亡くなり

「死役所」にやって来て辛かった過去の話を語るお話です。

 

 

シ村さんの迷言!?

 

その① 

先日‥とある男性職員が私に「反省したい」と言ってきました

 

 

生前は自戒の気持ちが全くなかったようです

 

 

 

しかしここで働き

他者とふれあうことで

彼の心に変化が表れました

 

 

 

彼は今、時間をかけて

自分自身と向き合っているところです

 

 

 

職員が死刑囚に限られる意味は

その辺りにもあるのではないかと‥

 

 

 

 

 

その② 

ニシ川さん。先ほど

ニシ川さんが殺害された方の

ご遺族がいらっしゃいましたよ

 

 

 

「心臓病死課」にご案内しました

 

 

心労がたたって

ご病気になられたんですかねぇ?

 

 

 

ニシ川さんが殺人を犯したことが

あの方の病死に繋がったとすると

 

 

 

ニシ川さんの間接的殺人

ということになるのですかね?

 

 

 

 

ニシ川さんの迷言

 

その①

シ村さん、嫌味甚だしいですよ!

 

 

‥透明人間ですよ‥

 

 

その人の家族とか繋がってる人なんて

 

 

皆、透明人間‥

 

 いないものと同じです

 

 

 

 

その②

ねえ今幸せ?

 

 

そうだなぁ

君といる時が俺は一番幸せだよ

 

 

ふぅん‥

 

じゃあ‥

 

 

幸せなうちに殺してあげる‥

 

 

幸せなんだから

 

笑いなさいよ‥

 

(ニシ川さんは殺した男の口にハサミで切れ込みを入れるのでした‥)

 

 

 

  

 

「死役所」6巻・第28・29条 愛する人は

残念ながら立読みする事が出来ません!

 

この話の内容を知りたい方はここをクリック!

 ⇓ ⇓ 

mitehaikenai.hateblo.jp

mitehaikenai.hateblo.jp

 

ナントも不思議なあの世の世界‥

あなたもちょっと覗いてみませんか?