「しやくしょ」それはあの世とこの世の境界線

【漫画】死役所のネタバレや感想を書いてます

「死役所」第6・7条 シ村さんの迷言&「死役所」の不思議【死人の漫画をコレクションする職員】

今晩は~!
ホラー大好き、でも怖いの苦手な零です(^^ゞ

 

 

今回も、このマンガのキーパーソン

シ村さんの突っ込み処満載の

心に残る迷言?をご紹介します!

 

 

 2巻・第6・7条 腐ったアヒル①②

 

 このお話は、漫画家になること夢見て早20年‥

鳴かず飛ばずの塙という31歳になる男性が

出版社から作画(シナリオは別の人が考えて画だけを描く事)を依頼される。

ある日、著者の気持ちが知りたいとバイクに乗り始めるのだったが‥

事故に遭い、両目を失明してしまう‥。

 

目が見えなくなった事で、大好きだった漫画を描くことが出来なくなった塙は

ある日‥。

 

「死役所」2巻 第6条 腐ったアヒル① ネタバレ

 

「死役所」2巻 第7条 腐ったアヒル② ネタバレ

 

 

シ村さんの迷言!?

 

その① 死のうとしたことはないと

おっしゃっておられましたが

本当にないんですか?

 

 

そう聞かれ、塙は「死にたい」とは何度も思ったが、

漫画を描きたかったから失明しても話なら

と、リハビリでパソコンを練習していた。

 

 

世間から自殺と思われ、悔しいと言うのだった‥。

 

 

編集者も塙が自殺したと思っていた‥。

 

 

しかし作家の戸川アランだけは

塙に一度も会った事が無いのに

 

 

自殺なんかじゃないですよ

 

彼は自殺なんかしていません

 

絶対に

 

そう言い切るのであった!?

 

 

なぜなら、彼とは作品の中で

いつも会話をしていたから‥と。

 

 

 

「死役所」の不思議

 

その① 職員のハヤシは

死人が持ってきた漫画を

自分のロッカーにびっしりと

コレクションしている

 

 

時々血まみれのものもあって

ページとページがくっついて読みにくいと言う(笑)

 

 

その② 「自殺課」と「生活事故死課」は

「死役所」の2階にある。

 

目の見えない塙を連れて行く時、階段を上っていた。

 

 

 

ナントも不思議なあの世の世界‥

あなたもちょっと覗いてみませんか?

 

 

「死役所」2巻・第6・7条 腐ったアヒル①②は

ここから無料で立ち読みが出来ますよ!

 ⇓ ⇓

死役所 - 無料マンガサイト pixivコミック